サイト内の現在位置

資料ダウンロード

対策ツールを導入したがこれで大丈夫か不安…、自社になにが不足しているのか知りたい…といった方に。
最新の被害状況、及びNECグループにおける「ガバナンス強化」「人材育成」「運用支援」のノウハウを結集したランサムウェア対策ソリューションをご紹介します。

ダウンロード個人情報の入力が必要です

ホワイトペーパー一覧

【目次】

  1. 2023年度サイバー脅威の振り返り
    脆弱性、ランサムウェア、偽情報、サイバー犯罪(フィッシング・サポート詐欺など)、内部不正、NECの視点でより影響が大きいと思われる5つの脅威の概況を簡潔に解説。
  2. 2024年度予測
    今後も注意が必要と思われる脅威や対策強化のポイントを解説
ダウンロード 個人情報の入力が必要です

NECでは、サイバーセキュリティリスクの早期発見に向け、インテリジェンスアナリストが日々サイバーセキュリティ情報を収集し、蓄積や分析を行っています。しかし、収集対象が政治・経済・社会・技術動向などサイバー攻撃以外にも広がっており、いかに幅広い領域を収集対象としつつも情報源を的確に絞り込み分析を行うかが課題でした。分析を高精度かつ迅速に行うために、生成AIを活用しサイバー脅威インテリジェンスの生成自動化に取り組んでいます。本稿では、NECのサイバー脅威インテリジェンスの取り組みと課題、そして、開発中のサイバー脅威情報の抽出・要約パイプラインと、サイバー脅威関連情報の探索・分析パイプラインを紹介します。

【ホワイトペーパー】その情報で経営判断をして良いですか?~脅威インテリジェンスから導く、リスクマネジメントの改善~

近年、セキュリティ事故が企業経営に大きな影響を及ぼすリスクが高まっています。このような状況下で注目されるのが、脅威インテリジェンスを活用したセキュリティ対策です。経営判断に必要な「情報」をいかに収集し、より効果的にサイバーセキュリティ経営を進める手がかりを解説しています。

目次

1.サイバーセキュリティにおけるインテリジェンス
2.立場によって異なる脅威インテリジェンス活用
3.脅威インテリジェンス活用の成熟

ダウンロード個人情報の入力が必要です

関連リンク
・NECが考える情報セキュリティ「情報セキュリティ報告書」
NECグループの情報セキュリティに関する最新の取り組みを紹介しています。インテリジェンス活用の取り組みについても紹介していますので参考にしてください。

【ホワイトペーパー】
セキュリティ経営のDXを実現する「運用監視データを活用したセキュリティ対策の最適化」


業務のDX、変革の実行には、データドリブンでの継続的かつ俯瞰的なセキュリティリスクマネジメントが必要不可欠です。
NECは、セキュリティ運用・監視データの活用により、全体最適でのセキュリティリスクマネジメントを支援し、セキュリティ業務のDXを実現、お客さまの継続的なビジネス推進に伴走します。

【目次】
1.DX によって深刻化するサイバー攻撃の被害
2.対策の部分最適化が大きな課題
3.運用監視データを対策の維持 ・ 強化に役立てる
4.データドリブンによる全体最適化への新たなアプローチ

ダウンロード個人情報の入力が必要です

【ホワイトペーパー】一般社員の意識向上からハイスキル人材の育成まで
レベル別解説・セキュリティ人材育成


社員のセキュリティ意識を向上させたい、セキュリティ専門人材を社内で育成したいとお考えの方に。人材不足による課題の整理や、人材育成で取り組むべきポイントについて解説します。

ダウンロード個人情報の入力が必要です

ゼロトラストを成功に導くポイント
~ゼロトラスト視点で考える次世代の企業プラットフォームとは~


本資料では、ゼロトラスト導入を検討するにあたり、導入ステップや成功事例、アセスメントの具体的な進め方を掲載しています。将来のあるべき姿の実現に向けてぜひご一読ください。

ダウンロード個人情報の入力が必要です

情報セキュリティ報告書

NECグループの情報セキュリティに関する最新の取り組みをご紹介しています。

企業や組織でのデジタルトランスフォーメーションの取り組みの進展に伴い、サイバーセキュリティの重要性が高まっています。本資料では、背景となるサイバーセキュリティの動向、NECのサイバーセキュリティ事業の特徴、DXを支えるセキュリティサービス及びDXオファリングを紹介します。