サイト内の現在位置

CLUSTERPRO X SingleServerSafe - 特長/機能

機能概要

1. 監視機能

CLUSTERPRO X SingleServerSafeを使うことにより、OS、NIC、ディスク、サービス、プロセスを監視することができます。

監視機能の図1
  • *1
    クラスターサーバーが利用するリソースの集合です。
  • OS監視を行い、ハングアップ等の異常が発生すると、サーバーの再起動(リブート)を行います。
  • NIC監視を行い、異常が発生すると、予備のNICに切り替えます(Windows版のみ)。
  • ディスク監視を行い、異常が発生すると、サーバーの再起動(リブート)を行います。
  • サービス監視を行い、異常が発生すると、サービスを再起動します。尚、一定回数再起動を行った後で異常が発生した場合は、サーバーの再起動(リブート)を行います。
  • プロセス監視を行い、異常が発生すると、プロセスを再起動します。尚、一定回数再起動を行った後で異常が発生した場合は、サーバーの再起動(リブート)を行います。

また、オプション製品との組み合わせにより、データベースの監視強化やインターネットサービスの監視強化を行うことができます。

監視機能の図2
  • オプション製品「Database Agent」と組み合わせることにより、OracleやMicrosoft SQL Server、DB2等のデータベースソフトウェアのハングアップ検出時に、フェールオーバーグループを再起動することができます。
  • オプション製品「Internet Server Agent」と組み合わせることにより、Microsoft IIS(Internet Information Service)等のインターネットサービスのハングアップ検出時に、フェールオーバーグループを再起動することができます。

2. 検出可能な特定アプリケーション障害

監視オプション(エージェント)の有無により、障害検出の有無を示したものです。

検出可能な特定アプリケーション障害の図

3. 監視/制御の画面

CLUSTERPRO Xと同じGUI(WebManager)を利用することで、LAN内に存在する監視対象を制御することができます。尚、CLUSTERPRO X のGUI動作にはWebブラウザとJava実行環境が必要です。

監視/制御の画面の図