サイト内の現在位置

Smart Work 2.0 働きやすさから、働きがいへ [02:35]

音声テキスト

NECは、共創により、安全・安心・公平・効率という社会価値を創造するPurpose(パーパス)の実現を目指しています。

働き方改革「Smart Work 2.0」。
リモートとリアルのハイブリッドワークによる最適な働き方を追求し、チームの力を最大限に発揮していきます。

Smart Work 2.0では
Workplace、Work Principles、Digital Technologyの3つの領域を相互に連携させ、社員が自律的に働き方をデザインできるハイブリッドワークを実現しました。

NEC
カルチャー変革エバンジェリスト
森田 健:

今後は、Workplaceの定義が変わります。
リアルのWorkplaceは、自分のチームでコミュニケーションをとる・雑談をする、あるいは、他のチームとディスカッションする、外の人たちと触れ合う。そういうコラボレーションを通じてイノベーティブなアイデアを生み出し、同時にチームの結束も高める。こういうことが実現できるといいなという風に思います。

遠隔地居住勤務やワーケーションによる「ロケーションフリー」な働き方を拡大するWork Principles。

社員と会社 双方の成長を促し、今後も社員がより自律的に働ける仕組みを整備していきます。

森田:
これまでもロケーションフリーをやってきて、個人での生産性の上げ方はみんな分かってきています。
これからはさらに、チームの生産性をどうやって上げるか、これをSmart Work 2.0を通じて社員皆で編み出していきたいと思います。

そして、「Digital Technology」により、働き方の制約とデータの力を解き放ち、自己成長できるWorkplaceを実現します。

森田:
一番重要なのは、チームの一員として、リモートとリアルのベストミックスによる働き方をチームメンバーと議論しながら、自律的にデザインしていくことです。

NECはこれからも、チームで働き方を考え、進化させていきます。

Orchestrating a brighter world
NEC

概要

NECグループは、共通の目的として、共創による「社会価値の創造」というPurposeの実現を目指しています。また、この共通の目的に向かって社員が「組織やチームの一員として」働く場所や時間などを自律的にデザインし、個人・チーム・組織・会社のパフォーマンスを最大化するための働き方改革として、「Smart Work 2.0」を推進しています。


関連リンク


動画へのご意見を聞かせてください。

この記事を評価
  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。また、いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。

お問い合わせ

(2022年10月14日)