ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. UNIVERGE
  4. [製品・サービス]
  5. ActSecure χ ActSecure
  6. ActSecureトータルセキュリティサービス
  7. ActSecure SaaS型セキュリティサービス
  8. セキュリティリスク管理サービス
ここから本文です。

セキュリティリスク管理サービス

短期間で低コストな脆弱性管理を実現

本サービスは、企業内で業務に利用しているエンドポイントの状況の管理・制御を可能にするサービスです。
本サービスによって、従業員が利用しているエンドポイントを、場所を問わず常に正常な状態で管理することを実現することを可能にし、セキュリティレベルの高いIT環境を実現することができます。

このような課題をお持ちのお客さまに有効です

  • 自社でサーバ資産を持たずに、パッチ運用、IT資産管理を行いたい
  • Windows のパッチ適用を確実に行いたい
  • 利用が増えた社外持ち出し端末の管理を漏れなく行いたい

サービスの導入効果

簡単導入

 管理対象としたいエンドポイントに対して専用エージェントをインストールするだけで
 管理を行うことが可能です

端末の場所を問わない管理の実現

 管理サーバはNECのクラウド上に設置しているため、管理対象端末はインターネット接続さえしていれば、
 端末の場所を問わず端末情報の可視化が可能。
 リモートワーク環境でも社内環境と同然のように管理を実現できます。

ネットワーク負荷の軽減

 パッチのやソフトウェアの配布時は、特徴的な配信方式によって、ネットワーク負荷をかけずに
 配信することが可能です。

サービス提供機能

ダッシュボード

 本サービスで管理を行っている端末のサマリ情報を一目で確認可能なダッシュボードを提供します。
 簡単なボタン操作で、管理端末の状況確認やパッチの適用といった運用を実施可能です。

ActSecure セキュリティリスク管理サービスイメージ

Windows パッチ適用・ソフトウェアの配布

 簡単な操作で、各端末へパッチを配布・適用が可能です。
 パッチやソフトウェアは、すべての端末が管理基盤と通信を行い取得するのではなく、
 同じネットワーク内の代表端末のみが取得をするために、WANへの負荷を軽減することができます。
 また、VPN接続などを必要ないために、テレワーク環境下の端末にも社内のネットワークに負荷を  
 かけることなくパッチやソフトウェアを配布することが可能です。

ActSecure セキュリティリスク管理サービスイメージ

USBデバイスの接続制御(オプション)

 デバイス制御専用のエージェントを別途インストールすることで、管理コンソールからポリシーを配布し、
 接続可能なUSBメモリやデバイス/ポートの制御、印刷制御を行うことが可能です。
 制御が可能な項目は以下の通りです。
 ・ポート制御(USB、PCMCIA,IEEE1394、シリアル/パラレル、赤外線通信)
 ・デバイス制御(Bluetooth、無線LAN、CD/DVD)
 ・プリンタの利用制御
 ・プログラムの起動抑止

端末操作ログ収集(オプション)

 端末にインストールされた、操作ログ収集専用エージェントが操作ログを記録・収集し、収集したログは
 管理コンソールにて検索・閲覧することが可能です。
 エージェントが収集した端末操作ログは管理基盤上に3か月間(90日間)保管することができます。

ライセンス体系

区分 サービス内容 価格
ご提供価格 課金単位
初期費用 お客様がサービスを利用するための初回環境設定 オープン価格 初回利用時
基本ライセンス クラウド上のダッシュボードの利用権
(200台までのエージェントライセンス付き)
オープン価格
※従量課金制
追加ライセンス 201台以上で利用する場合に必要 オープン価格 台・月
※従量課金制
デバイス制御ライセンス
(オプション)
デバイス制御機能を利用する場合に必要 オープン価格 台・月
※従量課金制
端末操作ログライセンス
(オプション)
端末操作ログ機能を利用する場合に必要 オープン価格 台・月
※従量課金制

詳細につきましては、弊社営業までお問合せ下さい。

動作環境

エージェント動作環境

それぞれの機能を提供するエージェントの対応プラットフォームは以下の通りです。

基本機能

項目 詳細
OS           Microsoft Windows Server Windows Server 2019 *1
Windows Server 2016 *1
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2008 R2 SP1
Microsoft Windows Workstation Windows 10
Windows 8
Windows 7 SP1
Linux REd Hat Enterprise Linux 7
CentOS 7
CPU Intel x86/x64 
メモリ 対象OSが動作可能なメモリ容量
ネットワーク IPv4のIPアドレスが有効であること
WUA Windows Update Agent 7.6.7601.19161 以降(Windows OS のみ)
必要HDD 容量 空容量5GB 以上

*1 Nano Serverを除く

デバイス制御

項目 詳細
OS           Microsoft Windows Workstation

Windows 10 Enterprise 日本語・英語・中国語
(簡体字、繁体字)

Windows 10 Pro 日本語・英語・中国語
(簡体字、繁体字)
CPU Intel x64 
メモリ 対象OSが動作可能なメモリ容量
必要ソフトウェア Microsoft .NET Framework 4.0以上
必要HDD 空容量800MB 以上

端末操作ログ収集

項目 詳細
OS           Microsoft Windows Workstation Windows 8.1 Core edition 日本語/英語
Windows 8.1 Pro 日本語/英語
Windows 8.1 Enterprise 日本語/英語
Windows 10 Home 日本語/英語
Windows 10 Pro 日本語/英語
Windows 10 Enterprise 日本語/英語
Windows 10 Education 日本語/英語
Windows 10 Pro for Workstation日本語/英語
CPU Intel x86/x64 
メモリ 対象OSが動作可能なメモリ容量
必要ソフトウェア Microsoft .NET Framework 4.0以上
必要HDD 空容量1GB 以上

通信要件

 通信要件としては以下の通りとなります。
 ・管理端末対象からインターネットを経由して、本サービス基盤とTCP接続(Port 番号:17472)ができること
 ・端末操作ログエージェントを利用する場合は、管理対象端末からインターネットを経由して、
  本サービス基盤とTCP接続(Port番号:443)ができること。
 ・管理対象端末から本サービスへの通信にIPv4の利用ができること。
     (IPv6による通信はサポートしておりません)
 ・管理対象端末上で、本サービスの接続先ホスト名(FQDNの名前解決)が行えること
 ・お客様システム内の管理端末同士が TCP接続(Port番号:17472)できること
 ・管理対象端末にインストール されているセキュリティソフトにて、エージェントのフォルダおよびプロセスの
  除外設定ができること

ページの先頭へ戻る