ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 業種別ソリューション
  4. 農業ICTソリューション
  5. 各種取り組み
  6. 研究開発
ここから本文です。

研究開発

人工衛星の活用

衛星リモートセンシング技術は、人工衛星に搭載したセンサーから地球を観測する技術です。
赤外線を検知するセンサーで地表面を観測すると、植物の生育領域を明瞭に区分できるのはもちろん、植物の種類を区分したり活性度を計測することができます。
農業分野において衛星リモートセンシングは、農業収穫高統計情報収集と農業生産性向上に利用されています。
農業収穫高統計情報収集では、また同時に気象災害等による被害情報の収集にも使われます。
一方農業生産性向上の分野では、作物の生育状態や品質をモニタにして適切な収穫時期を設定するなど、精密農業※のために使われます。

  • 農地・農作物の状態を良く観察し、きめ細かく制御し、その結果に基づき営農計画を立てる一連の農業管理方法

図:人工衛星の活用拡大する人工衛星の活用

ページの先頭へ戻る