サイト内の現在位置

業務効率向上のカギを握るPCの高速化。ムダな待ち時間を抑え作業スピードを上げたいなら、まずはHDDの見直しを!「SSD or HDD+インテル® Optane™ メモリー」

新しいPCを導入したのに、スピードの変化をあまり感じない。
その原因はHDDかもしれません。

PCの処理速度の向上とそれに伴う待ち時間の削減が業務効率の底上げにつながります。そこでまず考えるのが高速なCPUを搭載したより性能の高いPCの導入ですが、実はそれだけでは期待していたほどのスピードアップができないケースもあります。その原因として挙げられるのがHDDです。PC業務ではHDDなどの記憶媒体に負荷のかかる処理を繰り返し行っており、その応答速度が待ち時間に大きな影響を及ぼしています。現在数ある記憶媒体のなかで、容量単価の安さから多くのユーザがHDDを選んでいますが、応答速度が遅いHDDのままでは、せっかく高速なCPUを搭載してもその性能を最大限に引き出すことができないのです。そこでおすすめしたいのが、応答速度の速いSSDやインテル® Optane™ メモリーの導入です。

Windows10 + intel® Optane™ memory Windows10 + SSD
48% 47% 100% ← 約52% 起動時間を短縮 ← 約53% 起動時間を短縮
OS起動時間(HDDのみ搭載モデルを100%とした場合)

Windows 10の力を引き出し、PCの高速化に貢献する
「SSD」と「インテル® Optane™ メモリー」をご紹介。

SSD 静音性、軽量化、低消費電力SSD 静音性、軽量化、低消費電力
Intel<sup>®</sup> Optane™ Memory 大容量HDDに高速アクセス性能をプラスIntel<sup>®</sup> Optane™ Memory 大容量HDDに高速アクセス性能をプラス

SSDSSD

高速な応答速度のほか、
PCのモビリティ向上にも貢献するSSD。

SSDは、スピーディなレスポンスをはじめ静音性や軽量性などHDDが持っていない特長を備えた記憶媒体です。
大容量ストレージが必要な場合、HDDに比べ少しコストが高くなりますが、持ち運びを重視するモバイルPCやタブレットPCなどにとっては特にメリットが多く、モバイルユーザに選ばれています。
SSDは、現在販売中のMate/VersaProにてデスクトップPC、ノートPC全機種で選択が可能、または標準搭載。タブレットPCはタイプVSで標準搭載です。

静音性

SSDはメモリーチップにデータを保存するため、HDDのようなディスクの回転音や動作音が発生せず、非常に静かです。

軽量・薄型化

SSDは、HDDに比べ小型で軽量です。また発熱量も少ないため、冷却ファンなどのスペースを削減でき、PC自体の軽量・コンパクト化に貢献しています。

低消費電力

SSDは、HDDのようにパーツを物理的に駆動させるための電力を必要としないため、消費電力を抑えることが可能。長時間のバッテリ駆動に効果を発揮します。

より高速なPCIe接続SSDを採用したモデルもご用意。

SATA接続SSDより、さらに高速な転送速度を発揮するPCIe接続SSDを採用したビジネスPCもご用意しています。

Intel<sup>®</sup> Optane™ MemoryIntel<sup>®</sup> Optane™ Memory

HDDの応答速度を
SSD並みに引き上げる
新タイプのキャッシュメモリー。

インテル® Optane™ メモリーは、HDDと組み合わせることにより課題であったレスポンスの遅さを解消する新技術です。高速メモリ技術「3D XPoint」を採用したSSDをHDD領域のキャッシュとして利用し、OS起動やアプリケーションの応答速度を飛躍的に向上させます。これによりユーザは、容量やコスト面でのHDDのメリットとSSD並みの高速処理を両立することが可能です。

インテル® Optane™ メモリーで
向上する応答速度※HDD単体と、Intel® Optane™ メモリー+HDDでの速度比較。数値はすべてインテル社調べ。

2.8×FASTER PC起動速度 約2.8倍高速化
2×FASTER 日常のタスク 約2倍高速化
14×FASTER ストレージパフォーマンス 約14倍高速化
5.8×FASTER E-Mail起動 約5.8倍高速化
3.8×FASTER プレゼンテーションの画面表示約3.8倍高速化
4×FASTER Windowsでのファイル検索 約4倍高速化

年間約1,000時間の起動待ち時間を短縮。業務の効率化にも効果あり

1人あたり1日約3分*、1年間では約12時間の待機時間を削減

たとえ起動時間のわずかな差でも、蓄積するとかなりの時間を損失していることになります。特に企業では人数に比例しますので、インテル® Optane™ メモリーを利用すれば社員100人とした場合、起動待ち時間を合計で年間約1,000時間以上の業務効率化に貢献いたします。

  • *︓
    インテル社調べ。
HDD HDD+インテル®
Optane™メモリー
短縮時間 立ち上げ回数
(想定)
一日の短縮時間
OS 0分33.30秒 0分12.10秒 0分21.20秒 2回 0分42.40秒
PowerPoint 0分14.07秒 0分06.57秒 0分07.50秒 8回 1分00.00秒
Excel 0分19.30秒 0分09.47秒 0分09.83秒 8回 1分18.64秒
Outlook 0分13.43秒 0分06.13秒 0分07.30秒 2回 0分14.60秒

OS

HDD 0分33.30秒
HDD+インテル®
Optane™メモリー
0分12.10秒
短縮時間 0分21.20秒
立ち上げ回数(想定) 2回
一日の短縮時間 0分42.40秒

PowerPoint

HDD 0分14.07秒
HDD+インテル®
Optane™メモリー
0分06.57秒
短縮時間 0分07.50秒
立ち上げ回数(想定) 8回
一日の短縮時間 1分00.00秒

Excel

HDD 0分19.30秒
HDD+インテル®
Optane™メモリー
0分09.47秒
短縮時間 0分09.83秒
立ち上げ回数(想定) 8回
一日の短縮時間 1分18.64秒

Outlook

HDD 0分13.43秒
HDD+インテル®
Optane™メモリー
0分06.13秒
短縮時間 0分07.30秒
立ち上げ回数(想定) 2回
一日の短縮時間 0分14.60秒
  • インテル社公開のHDD、HDD+インテル® Optane™ メモリー比較検証データを元に、1日の短縮時間を独自に算出

一日合計3分15.64秒の短縮

インテル® Optane™ メモリー
カスタマイズセレクション対応モデル

※Pentium®、Celeron®モデルおよびタイプVXのCore i3モデルではインテル® Optane™メモリーは選択できません。

タイプME〈ME-3〉

ハイエンドデスクトップPC

  • Windows 10 Pro
  • Intel Optane選択可能
  • USBポート×9
  • GeForce GT 730選択可能
  • 80Plus プラチナ電源装備

タイプMB〈MB-3〉

スタンダードデスクトップPC

  • Windows 10 Pro
  • Intel Optane選択可能
  • USBポート×11
  • GeForce GT 730選択可能
  • 80Plus プラチナ電源装備

タイプMC〈MC-3〉

スモールデスクトップPC

  • Windows 10 Pro
  • Intel Optane選択可能
  • USBポート×6
  • 小型筐体
  • ディスプレイ背面装着選択可能

タイプVD〈VD-3〉

ハイエンドノートPC

  • Windows 10 Pro
  • Intel Optane選択可能
  • 15.6型ワイドLCD
  • フルHD IPS液晶選択可能
  • USBポート×5
  • ゼロワットACアダプタ

タイプVX〈VX-3〉

スタンダードノートPC

  • Windows 10 Pro
  • Intel Optane選択可能
  • 15.6型ワイドLCD
  • フルHD IPS液晶選択可能
  • USBポート×5
  • ゼロワットACアダプタ選択可能

タイプVL〈VL-3〉

ベーシックノートPC

  • Windows 10 Pro
  • Intel Optane選択可能
  • 15.6型ワイドLCD
  • USBポート×5
  • ゼロワットACアダプタ選択可能