サイト内の現在位置

NEC、住友商事グループ会社の自動車製造関連工場にAIを活用した外観検査システムを納入

~ライン停止時間を10%以上減少させ、検査業務の生産性を向上~

2023年8月25日
日本電気株式会社

NECは、住友商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員 CEO:兵頭 誠之)のグループ会社の自動車製造関連工場にAIを活用した外観検査システムを納入しました。
本システムは、カメラ画像とAIを活用して製品の欠陥を自動で検知するものであり、目視確認が必要な中間製品検査ライン全4ラインに導入した結果、スタッフの負担を軽減しながらライン停止時間を10%以上減少させるなどの効果を確認しています。

本工場の中間製品検査ラインでは、製品欠陥の疑いを検知するごとにラインを停止し、専任スタッフが目視確認することで安全かつ高品質な製品を提供してきました。昨今、ものづくりの現場での人手不足が深刻化していることから、本工場では、これまでと同等の高い製品品質を維持しながらデジタル技術を活用した生産性向上に取り組んできました。

具体的には、既存の検査ラインに影響を及ぼさない位置に産業用カメラを追加で設置し、複数のカメラ画像と「NEC Advanced Analytics - RAPID機械学習」(注1)を活用して中間製品の欠陥を解析する外観検査システムを構築しました。これにより、欠陥検知の精度を高めるとともに、正常箇所を欠陥と誤認識してしまう過検出の発生頻度を大幅に抑制することで、中間製品検査ラインの停止時間を10%以上減少させることができました。
また、スタッフが欠陥を確認するためのユーザーインターフェースなど各種アプリケーション・ツールも提供しており、中間製品検査プロセスの高度化に貢献しています。

AI外観検査システムの運用イメージ

さらに、本システム納入に合わせて、品種ごとにAIモデルのチューニングや更新・新規作成などを社内で実施できるように、NECが自社のデータサイエンティスト育成に活用している実践型教育プログラムである「NECアカデミー for AI」(注2)の提供も行っています。これにより、AIモデルの基本的なメンテナンスから運用までを推進できるデータサイエンティストの育成を支援し、本工場における多品種の検査に対応しています。

AIモデルのメンテナンスから運用までのイメージ

NECは、今回の納入実績も活かし、今後もお客様との共創を通じて様々な産業における DX の推進を加速し、新たな価値の創造に取り組んでいきます。

以上

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

(本事例全般について)
NEC トレード・サービスソリューション統括部
E-Mail:press_tradeservice@tssd.jp.nec.com

(NEC Advanced Analytics - RAPID機械学習について)
NEC AI・アナリティクス統括部
E-Mail:rapid@cmg.jp.nec.com

Orchestrating a brighter world

NECは、安全・安心・公平・効率という社会価値を創造し、
誰もが人間性を十分に発揮できる持続可能な社会の実現を目指します。
https://jpn.nec.com/brand/