サイト内の現在位置

NEC、堀米雄斗選手・野中生萌選手・国枝慎吾選手・中西麻耶選手との共同プロジェクト「NEC +CHALLENGE PROJECT」を発足!

異なる競技のトップアスリートたちが夢の共演!誰もが夢を抱き挑戦できる環境づくりへ

2022年8月18日
日本電気株式会社

左から 堀米雄斗選手、野中生萌選手、国枝慎吾選手、中西麻耶選手

日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼 CEO:森田 隆之、以下NEC)は、グローバルで多様性のある環境下で挑戦し続けるトップアスリート、堀米 雄斗選手(競技:スケートボード)、野中 生萌選手(競技:スポーツクライミング)、国枝 慎吾選手(競技:車いすテニス)、中西 麻耶選手(競技:陸上競技)との共同プロジェクト「NEC +CHALLENGE PROJECT(プラスチャレンジ プロジェクト)」を本日発足しました。

NECは30年以上にわたる「車いすテニス」のサポートをはじめ、様々なスポーツ、パラスポーツへの協賛活動を継続しています。また、協賛活動のみならず、スポーツチームの運営やパラスポーツの日常化を目指した推進、普及活動も行っています。
このたび、NECグループが掲げる「安全・安心・公平・効率という社会価値を創造し、誰もが人間性を十分に発揮できる持続可能な社会の実現を目指す」というPurpose(存在意義)に、NECが応援する4名の選手が共感し、本プロジェクトの発足が実現しました。
4選手とNECがタッグを組んで、国籍や性別、障がいの有無などに関わらず、誰もが夢を抱き挑戦するきっかけとなるような、さまざまな機会を創っていきます。

今後の予定

「堀米・野中・国枝・中西選手が教えてくれる“+CHALLENGE イベント“」
+CHALLENGE イベントは、トップアスリートと一緒に挑戦を楽しむことで、誰もが夢や仲間ができる機会を創出します。
第一弾: 2022年11月12日(土) 国枝・中西選手コラボ スポーツチャレンジ
第二弾: 2022年11月19日(土) 堀米・野中選手コラボ スポーツチャレンジ

  • 詳細は、後日公式サイトにて公開します。
  • 堀米雄斗(ほりごめ ゆうと)選手 プロフィール

スケートボーダー
1999年1月7日東京都出身
2018年、世界最高峰リーグ「ストリートリーグスケートボーディング(SLS)」で日本人初の優勝を飾る。2021年には東京2020オリンピックでスケートボード男子ストリート競技初代金メダリストに輝き、今年4月に日本で行われたX Gamesでも優勝。7月から行われているSLSでは2連勝した。

  • 野中生萌(のなか みほう)選手 プロフィール

プロクライマー
1997年5月21日東京都出身
2018年ボルダリングワールドカップの年間女王に輝き、2019年は国内大会三冠を達成。2021年には東京2020オリンピックスポーツクライミング女子複合銀メダルに輝き、2022年ワールドカップボルダリングで年間総合2位。今年7月に行われた国際総合大会・ワールドゲームズのボルダリングでも優勝した。

  • 国枝慎吾(くにえだ しんご)選手 プロフィール

プロ車いすテニス選手
1984年2月21日千葉県出身
2004年のアテネから5大会連続でパラリンピックに出場し、2021年東京2020パラリンピックで金メダルに輝く。今年7月にはウィンブルドン選手権の車いすの部、男子ダブルスに続きシングルスでも優勝し、車いす男子史上初めて四大大会とパラリンピックに勝つ「生涯ゴールデンスラム」を達成した。

  • 中西麻耶(なかにし まや)選手 プロフィール

義足のプロアスリート
1985年6月3日大分県出身
2008年の北京からロンドン・リオデジャネイロ・東京とパラリンピック4大会連続出場。2020日本パラ陸上競技選手権大会で走幅跳びT64(下肢切断*義足)クラスでアジア記録・日本記録を打ち立てた。

以上

公式サイトURL

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC コーポレートコミュニケーション部
E-Mail:cmg-all@ccd.jp.nec.com

Orchestrating a brighter world

NECは、安全・安心・公平・効率という社会価値を創造し、
誰もが人間性を十分に発揮できる持続可能な社会の実現を目指します。
https://jpn.nec.com/profile/brand/