サイト内の現在位置

NEC、Open RANに対応した柔軟で拡張性の高い仮想化基地局(vRAN)の性能評価を開始

2021年11月11日
日本電気株式会社

NECは、Open RAN対応の5Gネットワークにおいて、柔軟で拡張性が高いネットワーク構築が可能な仮想化基地局(以下、vRAN)を開発し、NTTドコモ(以下、ドコモ)が中心となり進めている共創活動「Open RANエコシステム(OREC)」の検証環境において性能評価を開始しました。ORECはOpen RANの海外展開を目的に、NECを含む14社(注1)による共創活動を行っており、Open RANの導入を検討する通信キャリアの要望に応じて、最適な無線アクセスネットワークをパッケージ化して提供し、導入・運用・保守を行っていくことを目標としています。
本評価はマルチベンダ環境における相互接続試験を行うもので、評価の結果を基に製品化を進め、2022年初頭から北米、欧州およびアジア市場向けに提供することを目指します。また、多様化するニーズに対応するOpen RANの実現に向けて、パートナー企業と共に技術やノウハウの確立に貢献していきます。

NECのvRANは、O-RAN仕様に準拠したキャリアグレードの品質を実現するクラウドネイティブのソフトウェアで、商用実績のある5G機器をベースに開発されています。5Gの高速大容量の要求を満たすため、CPU上で動作するソフトウェアの処理を高速化するハードウェアアクセラレーションを積極的に活用し、Massive MIMO (注2、以下 mMIMO) が利用されるシステムにおいて、フルデジタルビームフォーミングの高度な制御を行うことで、セルのシステムスループット(通信速度)を4倍以上に向上し、更に消費電力の30%以上の削減を実現します。更に、最新世代のマイクロプロセッサを用いた市販のサーバ上で動作し、業界標準の最新仮想化基盤を採用して、コンテナの運用管理と自動化を実現します。これらの特徴により、通信事業者のTCO削減に貢献します。

NECは今後、本vRANの製品化を進めてソフトウェア領域の事業を拡大するとともに、次世代ネットワークに向けたマイグレーションを推進し、5Gを活用した新たなサービスの実現に貢献していきます。

本件に関するドコモ・NECのコメントは下記の通りです。

ドコモは、世界で初めて5GのOpen RANを商用化しました。5G時代の多様化するニーズに迅速に応えるため、より柔軟で拡張性の高いネットワークの構築をめざし、5G ORECにおいてNECやパートナーと協創することで、オープン化の流れを更に加速させていきたいと考えています。

NTTドコモ 無線アクセス開発部 部長 安部田 貞行

NECは、ドコモの世界初のOpen RANの商用化に貢献した経験を活かし、今回いち早くvRANを開発し、ラボにおいて検証を開始できることを嬉しく思います。その成果を、グローバルテレコム市場向けに、より幅広く提供し、オープン化の普及促進に貢献して参りたいと考えます。

NEC 第二ワイヤレスアクセスソリューション事業部
事業部長 田上勝巳

以上

  • (注1)
    株式会社NTTドコモ、NVIDIA、Qualcomm Technologies, Inc.、Wind River、Xilinx、インテル株式会社、ヴイエムウェア株式会社、株式会社NTTデータ、デル・テクノロジーズ株式会社、日本電気株式会社、富士通株式会社、マベニア、レッドハット株式会社および日本ヒューレット・パッカード
  • (注2)
    MIMO(Multipul Input Multipul Output)を高度化した技術。多数の独立したトランシーバの自由度を活かし、空間多重と無線伝搬路の品質安定性を同時に向上する技術。5Gにおいては4Gの直交周波数多重・時分割多重に加え、空間多重によるさらなる周波数利用効率向上を目指して開発・導入された。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC ネットワークサービス企画本部
E-Mail:contact@nwsbu.jp.nec.com

Orchestrating a brighter world

NECは、安全・安心・公平・効率という社会価値を創造し、
誰もが人間性を十分に発揮できる持続可能な社会の実現を目指します。
https://jpn.nec.com/profile/brand/