サイト内の現在位置

オープン vRan

オープンvRAN は基地局の一部を汎用サーバ上で、仮想的にソフトウェアで機能を実装し、実現するものです。フレキシビリティがあり、ユースケースに応じた最適なネットワークを構築することで設備リソースを最適に配置することが出来るため、装置調達コストと運用電力コストを抑えることが可能です。また、ハードウェアの汎用化及びIT機器の進化のサイクルが短くなったことにより、例えば10年など長い目で見た場合、パフォーマンスに対するコストは劇的に削減可能と考えられます。さらに、通信機器のソフトウェア化の潮流の中で、オープンvRANを一部としてオペレータが使用するハードウェアが通信システム全体で共通化されるため、そのハードの保守運用が簡潔化及び効率化が可能です。また、オープンvRANのメリットとして、RANの機能以外(MEC)も同じ汎用サーバ上で動かすことが可能となります。

今後、多種多様な5GRANシステムが求められますが、NECはオープンvRAN含めたシステムをエコシステムにより構築し、お客様のニーズに対応した最適なネットワークを提供して参ります。