サイト内の現在位置

モバイルアプリを業務で安全に使うために

モバイルアプリの業務使用には、さまざまなセキュリティリスクが潜んでいます。安心して業務を行うために、アプリとしてセキュリティ対策を講じる必要があります。

モバイルアプリを取り巻く脅威とリスク

モバイルアプリには「アプリが端末に保存した業務データを抜き取られる」「アプリを解析されて独自の技術が盗まれる」など、さまざまなセキュリティリスクがあります。これらのリスクが顕在化すると、社会的信用の失墜、損害賠償の発生など大きな影響があります。


業務を安全に行うためにモバイルアプリがやるべきこと

なりすましや情報漏えい、ウイルス感染などのモバイルアプリを取り巻くセキュリティリスクに対して、業務アプリがやるべきことを示します。

 生体認証を用いた本人認証、データの保存・抜き出し防止、脆弱性対策などにより、モバイルアプリからのセキュリティ事故発生を防止します。

 またセキュリティ対策を検討するときの重要なポイントとして、使い勝手との兼ね合いがあります。セキュリティと利便性は一般的にトレードオフの関係にあります。セキュリティ対策を講じることで使いにくくなってしまうと、作業効率化のためのモバイルが逆に現場の負担になり生産性低下につながりかねません。

「安全だけど不便」ではなく、現場にとって「安全で便利」なモバイル活用を目指します。


お問い合わせ