ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. NEC、AI領域でのベクトル型コンピュータ活用に向けた研究を加速
ここから本文です。

NEC、AI領域でのベクトル型コンピュータ活用に向けた研究を加速

2018年10月26日
日本電気株式会社

NECは、新しいベクトル型コンピュータ「SX-Aurora TSUBASA」(注1)を用いたAIの研究を進めるために、米国Stanford大学のDAWN Project(注2)に参画し、「SX-Aurora TSUBASA」を提供致しました。

近年、AIを用いた様々な応用が提案されています。しかし、AI処理は膨大な計算処理を必要とするため、実応用への適用の障害となるケースがありました。この問題を解決するために、今回NECは米国Stanford大学のDAWN Projectに参画し、4台のSX-Aurora TSUBASA A300-4を提供いたしました。「SX-Aurora TSUBASA」はNECの最新のベクトル型コンピュータであり、デスクトップから大規模スーパーコンピュータまで対応、AI処理を加速することができます (注3)。

今回の参画により、Projectの研究開発の加速とともに、AI領域の研究の進展とベクトル型プロセッサのAI領域での活用を推進し、本成果を社会に還元していきます。

NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

以上

SX-Aurora TSUBASAについて

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 研究企画本部 研究プロモーショングループ
お問い合わせ

NECは、社会ソリューション事業を推進する
ブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、
今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する
様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
https://jpn.nec.com/profile/vision/message.html
Orchestrating a brighter world

ページの先頭へ戻る