サイト内の現在位置

オペレーションとカスタマーエクスペリエンスの革新、デジタルシフトのその先へ

Smart Retail CX

新たなプレイヤーの参入による競争の激化や消費者行動の変化、そして急速に進む労働力不足──。課題に対応し、快適で心地よい顧客体験を生み出し続ける店舗運営を実現するのが「Smart Retail CX」です。

「Smart Retail CX」が目指す世界

ピックアップ事例

NECからのご提案

「Smart Retail CX」が目指す世界

先進テクノロジーの活用で、より快適な顧客体験を創出

「Smart Retail CX」が実現するカスタマーエクスペリエンス(CX)の1つは、未来型の購買体験。NECでは顔認証技術や画像処理技術、各種決済手段などを活用し、レジを通さなくても会計が済んでしまうスマートな購買や、お客様の嗜好に合わせておすすめ商品などを提案するなど、一歩進んだ心地よい顧客体験を創出します。そのためには、新たなテクノロジーの活用とセキュリティの担保が重要であり、NECでは、AIや画像認識をはじめとする独自技術や、パートナー企業の持つ先進技術を積極的に活用し、検証のもと、これまでの実績に裏打ちされた安心・安全な仕組みをトータルに提供します。

止まらない店舗運営の実現

少子高齢化などを背景として労働力不足が深刻化する中、来店するお客様に心地よさを提供しつづけるためには、従業員による店舗業務の効率化・省人化、24時間365日止まらない店舗運営を支える仕組みが必要です。例えば店舗で行う発注業務にはAIを活用し、的確な需要予測で発注業務を省力化するとともに、欠品を防止することで来店されるお客様が欲しい商品の販売機会を逃さず、満足度を向上します。
また、店内や店舗機器の状態をAIやIoTを活用し管理することで、故障を事前に予測し、事前に対応するなど、止まらない店舗運営を支えます。

ピックアップ事例

顔認証による入退店と決済を実現する「未来コンビニ」

未来のコンビニ「X-STORE」では顔認証を活用した入退店管理や決済、画像認識を活用したPOSシステムによる商品読み取りの大幅な効率化を実現。AI技術を活用し、無人店舗におけるセキュリティの向上とFace in、Face pay、Face goという新たな顧客体験をご提供しています。

「止まらない店舗」を実現するセブン-イレブン・ジャパンの店舗機器管理

「近くて便利」な店舗の運営を実現しつづけるためには、機器の正常な稼働が欠かせません。IoT技術を活用し、店舗の機器や設備の稼働状況の収集・モニタリングを通じて、故障の予兆や消耗品の寿命を事前に検知することで、設備の安定稼働を目指しています。

NECからのご提案

  1. 革新的な購買体験
    革新的な購買体験により、来店するお客様がレジ待ちすることなく、ストレスフリーな買い物を実現します。顔認証技術を活用し、入退店時に本人を確認するとともに、買い物途中にお客様の嗜好に合わせた商品のレコメンド情報をリアルタイムに表示。さらに画像認識技術やICタグ、決済技術を組合わせ、レジを通さずとも購入する品物を確認、顔パスで決済を完了できるなど、一歩進んだ購買体験を提供します。
  2. 業務運営の効率化・最適化
    店内の業務を効率化・最適化することで、来店するお客様に常に変わらないサービスを提供します。天候や地域のイベント情報など売上げの要因となる様々な情報をAIが分析し、その結果に至った背景とともに適格に需要を予測します。また、各店舗にある冷蔵設備やコーヒーメーカーなどの機器の情報をAIやIoTを活用して収集・分析することで、危機の状態を把握し、予防保守や故障時の迅速なリカバリーを支援し、止まらない店舗運営を実現します

関連事例・取り組み

日本スーパーマーケット協会様

AIがスーパーマーケットの業務を自動化する!需要予測とマーケティングにおけるAI活用の実証実験

カナダ クシュタール様

スピーディな情報共有で、店舗・本社の業務を革新

Godfrey Phillips India様

インド最大規模のコンビニチェーンに本部・店舗システムを提供