サイト内の現在位置

ジェンダー

適切なジェンダーバランスによる多様な視座・視点からの意思決定

NEC Inclusion & Diversity Day

2022年3月8日、女性社員の活躍を応援し、感謝するとともに、多様な人材が活躍し、継続的にイノベーションを生み出す会社を目指して、インクルージョン&ダイバーシティ(以下I&D)をテーマにしたオンラインイベント「NEC Inclusion & Diversity Day」を開催しました。国連が定める国際女性デーに開催した本イベントにあわせて、NECグループで働く女性たちを紹介する映像を作成しました。

数値目標

より多くの女性社員が経営の意思決定やリーダー的ポジションに参画している姿が望ましいとの考え方から、3つの目標値を定めて施策を実施しています。

【2025年度末(2026年4月1日時点)目標】社員に占める女性比率:30%、管理職に占める女性比率:20%、役員に占める女性/外国人比率:20%(※対象:NEC単体)

数字で見るジェンダーダイバーシティ

アワード、イニシアチブ

30%Club Japan

30% Clubは、企業の意思決定機関(取締役会など)に占める女性割合の向上を目的とした世界的なキャンペーンです。意思決定に影響を及ぼすために必要な最低限の人数が3割であることが、名前の由来です。
この活動は2010年に英国で始まり、2019年には new window30% Club Japanが設立され、NECも2020年10月からメンバーになっています。

30%Club Japan

女性活躍推進法・えるぼし認定

女性活躍推進法に関わる優良企業としての認定マークです。
NECは、厚生労働大臣から、「採用」「継続就業」「労働時間等の働き方」「管理職比率」および「多様なキャリアコース」の5つすべての項目において法が定める認定基準をクリアしていると認められ、2016年4月に1回目の認定企業として最高位の「三つ星」を取得しました。
new window厚生労働省ホームページで公開されているNECの情報(女性の活躍推進企業データベース)

女性活躍推進法・えるぼし認定

次世代育成法・プラチナくるみん認定

「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けた証である「くるみん」を、2007年、2012年、2015年に取得しています。
2018年には、くるみん認定を取得している企業のうち、さらに両立支援の取組が進んでいる企業が一定の要件を満たして認定を受けた企業として「プラチナくるみん」の認定を取得しました。

次世代育成法・くるみん認定

関連記事

new window「NEC Inclusion & Diversity Day」~小島慶子さんと考える、I&Dが生み出す"強さ"とは~
国連が定める「国際女性デー」に、テレビ・ラジオ・雑誌など幅広いメディアで活躍しているタレント、エッセイストの小島慶子さんをお招きし、多様性、キャリアをテーマにお話いただきました。

new window第26回国際女性ビジネス会議にNEC社長 森田が登壇
日本最大規模のダイバーシティカンファレンスである「国際女性ビジネス会議」(オンライン開催)にNEC社長 森田が登壇。2025中期経営計画におけるダイバーシティの目標達成に向けて、意気込みを語りました。

「私たちが始められることは、沢山ある!」女性ビジネスリーダーインタビュー by NECオーストラリア
NECオーストラリアでは、インクルージョン&ダイバーシティを推進する取り組みの1つとして、世界各国のNECグループの女性ビジネスリーダーへのインタビューを実施しました。(Women in Businessシリーズ)。

「男性育休」とってみたらどうだった? ~取得者本人&上司インタビュー~
今、注目が高まる「男性の育児休職」。とってみたら実際はどうだったのか?そして、上司はどう対応したのか?育児休職を取得した男性社員とその上司に話を伺いました。

経営戦略としてのインクルージョン&ダイバーシティ~“多様性”と“Speak Up”で、もっと強い組織に!~
国連が定める国際女性デーに、「経営戦略としてのインクルージョン&ダイバーシティ」をテーマに社内オンラインイベント(社内リーダーによるパネルディスカッション)を開催しました。