サイト内の現在位置

生体認証 ~Bio-IDiom~誰もが安心してデジタルを活用できる世界

世界トップクラスのNECの生体認証

生体認証(バイオメトリクス)とは、人間の身体的または行動的特徴を用いて個人認証する仕組みです。

NECは1970年代からいち早く生体認証の研究に取り組み、世界をリードし続けてきました。
現在、顔、虹彩、指紋・掌紋、指静脈、声、耳音響の6つの生体認証技術を有しており、いずれも世界トップクラスもしくはNEC独自の技術です。

NECでは、これらの生体認証を「Bio-IDiom(バイオ イディオム)」と称し、さまざまなニーズやシーンに応じて使い分け、ときには組み合わせることで、最適なソリューションを提案します。

6つの生体認証技術

顔認証は、映像や画像の中から人を判断する技術です。犯罪捜査や入国管理のほか、入退場管理、端末のログオン、さらには金融の決済等、利活用範囲が拡大しています。NECの顔認証は静止画だけでなく動画でも高精度な認証を行うので、カメラを意識していない人物の特定も可能です。

ソリューションページ

顔認証 No.1 ※1

虹彩とは、黒目の内側にある瞳孔の周りのドーナツ状の部分を指します。一人ひとり固有のパターンを持っており、生涯不変と言われています。また角膜に覆われて損傷しにくいため、生体認証に適した部位です。防護服などの重装備でも、目さえ出ていれば認証が可能です。赤外線カメラを使うので、暗い場所でも認証が可能です。

技術紹介ページ

虹彩認証 No.1 ※2

指紋認証・掌紋認証はNECの生体認証のなかでも最も歴史が古く、多くの国で採用されている技術です。犯罪捜査、出入国管理、国民ID等に採用され、グローバルで安心安全に貢献しています。

※犯罪捜査・官公庁用途

指紋・掌紋認証 No.1 ※3

指静脈の特徴で人物を識別する技術であり、偽造が困難であるという特徴があります。NECでは指紋認証と組み合わせて認証することにで、より確実な本人確認を行う「指ハイブリッド認証」を提供しています。

ソリューションページ

指静脈認証

声認証とは声から話者固有の特徴を抽出し、話者を特定する技術となります。マイクがあれば簡単に導入できるほか、電話口での認証が可能なので、コールセンターやテレフォンバンキング等様々な用途で利用できます。

技術紹介ページ

声認証

人間の耳穴の形状によって決まる音の反射を利用し、個人を特定するNEC独自の技術です。重要インフラ施設の保守・管理や警備等でのなりすまし防止や、医療現場におけるハンズフリー認証による業務効率化など、利用が期待されています。

ソリューションページ

技術紹介ページ

耳音響認証

米国国立機関によるベンチマークテストでNo.1の性能評価

NECの指紋認証技術、顔認証技術、虹彩認証技術は、米国国立標準技術研究所(NIST)が実施したベンチマークテストにおいて、いずれも99%以上の照合精度を有するとして、第1位の評価を獲得しています。特に顔認証では、静止画に続き、認証が困難な動画認証においても第1位の性能評価を得ています。

Bio-IDiomが目指す世界

急速に進むデジタルトランスフォーメーションにより、これからの社会は圧倒的に便利になっていきます。
生体認証はシェアリングエコノミ―など、デジタルトランスフォーメーションが進展した近い将来において、実世界とデジタルの世界を「安全」という扉でつなぐ重要な役割を果たします。NECは、その人自身がもつ重要な生体情報を「鍵」とし、必要に応じて複数の生体認証を組み合わせながら高度な認証をデジタルの世界の入口に構築することで、なりすましや悪意のある攻撃のリスクを排除し、「誰もが安心してデジタルの利便性を最大活用できる社会」を実現していきます。

盗まれない。無くさない。忘れない。
信頼のカギは、あなた自身。

顔の形や瞳、耳、声、掌、指などの身体的特徴を瞬時に読み解き、個々人を特定する生体認証。
国家レベルから企業や個人のセキュリティ、サービスに至るまで、その可能性はさまざま。

NECは、半世紀にわたり生体認証の研究開発を続けてきたパイオニアとして、さらに柔軟で信頼できる生体認証を提供し、世界中の人と人、人と社会をつなげ、より安心で豊かな未来を創っていきます。

NECの生体認証事業の歴史と未来

NECは1971年に指紋認証技術の研究を開始して以来、40年以上研究開発を行ってきました。
技術向上やマルチモーダルなシステムの追及など、生体認証の精度、スピードのさらなる向上とともに、日常の様々なシーンへ活用領域を拡大しています。

導入実績

NECでは、世界約70以上の国や地域に、のべ700システム以上の生体認証ソリューションを導入しています。犯罪捜査や空港における出入国管理、国民IDシステムといった国家レベルのセキュリティをはじめ、企業の入退管理やPCのログイン管理、顔パス入場のようなエンターテイメント分野など、様々な用途で幅広く利用されています。これからも、お客さまのニーズや社会背景等に合った最適な生体認証を組み合わせ、安全・安心、効率的で公平な社会の実現を支援していきます。

街の安全安心をささえる。
アルゼンチン ティグレ市の映像監視ソリューション

コンサートで顔パス!!顔認証でスピーディに入場

生体認証技術は、周囲の環境やお客様の利用状態等(変動要因)により認証性能が変わる場合があります。
お客様とともに実際の利用環境に適した仕様の検討を行った上で、お客様に導入・運用していただいております。

【変動要因】

  • 環境による影響:照度、屋内/屋外、センサやカメラの設置状態(距離・角度)、雑音等
  • 身体の状態による影響:表情、顔向き、経年変化、部位の水分や傷、健康状態、マスク着用の有無等

NECは、生体認証技術の継続的な技術革新を行うとともに、お客様の利用シーンに即した最適な生体認証製品・ソリューションを提案・提供して参ります。

お問い合わせ