サイト内の現在位置を表示しています。

官民連携

NECでは、地域課題をより効果的に解決するために、官民連携での企業市民活動を推進しています。
現在、東京都・港区(東京都)・南三陸町(宮城県)と連携したプログラムを実施していますが、今後、全国の様々な自治体との連携を進めていく予定です。

東京都


聴覚障がいについての理解と関心を深めることを目的として、2015年より東京都主催で、産官学連携イベント「TOKYOみみカレッジ」が開催されています。NECは、このイベントを開始当初から公立大学法人首都大学東京とともに共催しています。

2016年に公益社団法人東京都障害者スポーツ協会との連携をスタートしました。

2019年に、東京都におけるボランティア活動推進の中心的な役割を担う東京ボランティア・市民活動センターとお互いの強みを活かして、ボランティア文化の醸成、ボランティアレガシーの創出、共生社会づくりを推進する包括連携協定を締結しました。

港区(東京都)


本社ビルのある東京都港区で、「芝公園にアサギマダラを呼ぼう!」というスローガンのもと、昼休み時間を利用したランチタイムガーデニングや休日を利用したファミリーイベントを開催し「生物多様性ガーデン」を作っています。

2020年2月、NECは、港区が進める「子どもの孤食解消と保護者を支援する取組の一つとしての子ども食堂支援」に賛同し、港区が主催する「港区子ども食堂ネットワーク」に加入しました。

南三陸町(宮城県)


「NEC “TOMONI” プロジェクト」は、従来から継続して行ってきた社会貢献プログラムを活用し発展させた支援や、社員が実際に被災地へ行ってボランティアを行う活動です。

関連リンク