サイト内の現在位置を表示しています。

おすすめコンテンツ

業務の効率化や品質向上に大きく寄与するため、ものづくり全体で3Dデータの利活用が広がっています。真の3Dデータ活用へ向けた課題解決のための取り組み・効果について、事例を交えて3D CADのスペシャリストが解説します。

設計から保守まで、ものづくり全体に広がる3Dデータ利活用とは

設計から保守まで、
ものづくり全体に
広がる
3Dデータ利活用とは

設計~生産をつなぐPLMの重要性や、樫山工業株式会社様におけるPLMシステムの位置づけと「Obbligato産業機械テンプレート」を活用したフィッチング導入のポイントなどをスペシャリストが、事例やトレンドを交えて解説します。

PLM「Obbligato」で設計から生産を繋いで変化に強いものづくりを実現

PLM「Obbligato」で
設計から生産を
繋いで変化に強い
ものづくりを実現

NEC PLM “Obbligato”が、 Gartner®Market Guide for PLM Software in Discrete Manufacturing Industries*に掲載されました。
代表的なPLMベンダー10社に、NECが入りました

Gartner

Gartner
マーケット・ガイドで
代表的なPLMベンダー
10社にNEC"Obbligato"掲載

自部品業界ではDXによる競争力強化や新事業創出が加速する一方で、従来の業務プロセスや情報の分散が、DX推進の弊害となることも多く、設計から製造現場までをデジタルにつなぐことが重要となっています。自部品業界のデジタル変革推進について解説します。

自動車部品業のデジタル変革 製造業の未来を切り拓く、ものづくりDXとは?

自動車部品業の
デジタル変革 製造業の未来を切り拓く、ものづくりDXとは?

生産技術者ノウハウのデジタル化が進まなかったところ、コロナ禍を経て、DX推進の加速も後押しし、注目の「BOP」は、関心・検証フェーズから導入・実装フェーズへ進化しています。BOPの検証や導入で見えてきた業界別の狙いや実装パターンをわかりやすく整理して解説します。

ものづくりを変革する“BOP”、検証から実装へ

ものづくりを
変革する“BOP”
検証から実装へ

製造業では“ものづくりのデジタル化を推進し、製品ライフサイクル全体で3Dデジタルデータを利活用することが重要とされています。ものづくりプロセスのDX推進に向けた3DA実現や3Dデジタルデータ活用を解説したセミナーレポートをお届けします。

3Dデジタルデータ活用に向けた取り組み

3Dデジタルデータ
活用に向けた
3DA実現

PLM導入の秘訣をはじめ、用途別BOMの種類や価値、BOPの有効活用など、毎月、英語で、お届けしています。統合BOMについて海外拠点やグローバルパートナー企業にどう伝えたら良いのか?BOPの価値をどう理解してもらうか?お悩みの方必見です。

【連載】グローバルPLMコラム

【連載】
グローバルPLM
コラム

製造業の企業変革力となる設計力を高める戦略や、多品種少量に対応した製品開発のQCD向上や高機能品の配合の研究開発、品質担保を目指したお客様事例、PLM「Obbligato / 生産財(素材業)向けソリューション」をご説明します。

先進事例に学ぶ デジタル変革のための生産財向けPLM戦略

先進事例に学ぶ
デジタル変革のための生産財向け
PLM戦略

医療機器業界で加速するデジタル化の推進には、「FDA 21 CFR Part11」をはじめとしたER/ES規制対応が必須です。医療機器メーカで成果物の電子化が進まない要因、製品開発における電子化のメリットなどを医療機器PLMのスペシャリストが解説します。

医療機器規制対応と業務効率化の両立をスマートに実現するPLMとは?

医療機器規制対応と業務効率化の両立をスマートに実現するPLMとは?

New Normalな時代における製造業のデジタル変革を実現する経営戦略として、BOP(Bill of Process)が注目されています。全社に拡がるメリットとユースケースをご紹介します。

DX時代のPLM戦略New Normalを勝ち抜く救世主BOPとは

PLM新戦略
New Normalを勝ち抜く救世主BOPとは

不確実性が高まる世界において、不足の事態に迅速・柔軟に対応するには、設計力の強化が重要です。3Dデータを活用したデジタル変革に焦点をあて、最新情報をご紹介します。

「3Dデータの活用」でデジタル変革を推進

「3Dデータの活用」でデジタル変革を
推進

製造業の抱える課題・重要戦略に対し、製品および工程設計力をデジタル技術によってどのように強化し、 またデジタル技術を全社で活用できる仕組みを構築していくかを、お客様事例・ユースケースを交えながらご紹介します。

NECの考えるデジタルエンジニアリング活用とは

NECの考える
デジタルエンジニアリング活用とは

生産拠点のグローバル展開や、労働力不足、急速なデジタル化により、注目される「BOP(Bill of Process)」。
「BOPの考え方」に加え、各業界別のBOP導入の目的や取り組み状況について、NECのPLMスペシャリストが分かりやすく語ります。

ものづくりを変革する“BOP”の威力とは

ものづくりを
変革する"BOP"
の威力とは

NECの工程設計のデジタル化ツールの製品化に関わったNECの製造現場改革の第一人者や、経験豊富なコンサルタント、開発部門の責任者の3名が、工程設計をデジタル化することのメリットと、シンプルで手軽にスピード感を持ってシミュレーションができる新手法を分かりやすく解説します。

工程設計のデジタル化により生産性を高める新手法とは

工程設計のデジタル化により生産性を
高める新手法とは

NECのPLMソリューション「Obbligato」は、業種特有の課題を解決した豊富な成功事例をベースに、業種別のベストプラクティスをテンプレートとしてご提供しています。フィッティングベースの導入手法で、短期間、高品質なシステム立ち上げが可能です。

業種別PLMテンプレート

業種別
PLM ソリューション

「グローバルBOM/BOP」の概要とともに、なぜこれからのモノづくりにおいて 同システムが重要な役割を担うのかについて、その背景を解説します。
さらに自動車部品メーカーや機密機器メーカーなどの最新事例もご紹介します。

 グローバルBOM/BOPの最新動向

グローバルBOM/BOPの最新動向

「臨機応変な生産移管」、「品質トレーサビリティ強化」、「設備投資の抑制」など、ある自動車部品メーカーが、これらの課題解決に向けて取り組んだBOPマネジメントについてご紹介します。

BOPを活用したケーススタディ

BOPを活用した
ケーススタディ

Web上で製品開発領域に関する質問にご回答いただくだけで、貴社の「製品開発プロセス」を無料診断。貴社の強み・弱みを見える化し、次に取り組むべきテーマを提示します。結果はweb上ですぐに確認できますので、お気軽にお試しください。

PLMクイック診断

PLMクイック診断

ものづくり革新に関する情報をまとめたポータルです。先進的な取り組みや課題解決のヒントなど、定期的に更新しています。ものづくり革新にお悩みの方は、ぜひ、ご覧ください。

DXが変える「ものづくりの未来」

ものづくりの未来