サイト内の現在位置を表示しています。

Case1 自動車部品メーカーが取り組んだ「BOPマネジメント」とは?

課題

自動車業界で「新車の世界同時立ち上げ」、「メガリコール対策」などが求められる中、自動車部品メーカーでも、車体メーカーの高度な要求に応えるために、業務プロセスを改革する必要に迫られていました。

自動車部品メーカーの課題を表した画像

海外工場がどうやって製造しているか、国内では実態が把握できていない。

自動車部品メーカーN社で国内外の生産領域のCIOを担当するK氏は、自社の中期計画策定にあたり、グローバルものづくりのあるべき姿をどのように描くべきか、どこから着手すべきなのかに頭を悩ませていました。

「新車の世界同時立ち上げを推進する車体メーカーの要請を受けて、自動車部品メーカーにも新生産拠点の早期立ち上げや、臨機応変な生産移管が求められています。海外拠点で製造するための情報の収集に時間がかかっているようでは、車体メーカーからの短納期要求に応えられません。ところが、当社では製造指示のベースとなるQC工程表こそ日本から送付していましたが、海外の工場で、実際にどのような設備でどのように製造しているのかは現地任せで、国内ではその実態が把握できていなかったのです。」(K氏)

不具合が起こった時に、その影響範囲をすぐに特定できない。

さらに、自動車業界で相次ぐメガリコールを背景に、自動車部品メーカーに対しても品質トレーサビリティの高度化が強く求められ、車体メーカーとの取引継続の必須条件になっていました。
「例えば、ある製品や部品に不具合や設計変更が発生した時、それがどの工程や設備に影響するのか、すぐに把握できませんでした。逆に、ある設備で問題が発生した時に、その設備を使っているのはどの工程で、どの部品や製品の製造プランに影響するのか、影響範囲を特定するのにも時間がかかっていました。このままでは自動車業界に義務付けられているIATF16949(自動車産業の国際的な品質マネジメントシステム規格)に対応するのも年々難しくなるでしょう。」(K氏)

課題サマリ

  • 海外拠点の製造プロセスを管理したい
  • 品質トレーサビリティを高度化したい