ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 地方公共団体向けソリューション
  4. イベント・セミナー一覧
  5. 地方自治情報化推進フェア2019
ここから本文です。

地方自治情報化推進フェア2019

お問い合わせ

 今年も地方公共団体情報システム機構主催の「地方自治情報化推進フェア2019」が開催される運びとなり、NECも出展いたします。

 新たな元号を迎えた日本。「デジタル・ガバメント実行計画」が策定され、行政手続のオンライン化や官民データ利活用による住民の利便性・有益性が加速する中、NECは「『今のあたりまえ』をささえ、『これからのあたりまえ』を創りつづける」をテーマに、地方公共団体が抱える課題の解決に向けて最新技術や多様なノウハウを活用し、新たな社会価値を創り出してまいります。
 今回、NECブースではEBPM(Evidence Based Policy Making:証拠に基づく政策立案)やスマートシティ、業務標準化・働き方改革などを実現するAIやRPAなどを活用した様々なソリューションについて事例を交えてご紹介いたします。また、ミニセミナーもございますので、ぜひお立ち寄りください。
 ベンダープレゼンテーションでは、岡崎市様にスマートシティ構築及びEBPM実践により地方公共団体における都市経営の高度化を図る事例をご紹介いただきます。また、NECの考える未来の自治体像及びそれに向けた自治体クラウドのあるべき姿についてご説明いたします。ぜひお気軽にお申し込みください。

開催概要

名   称 地方自治情報化推進フェア2019
開 催 日 時 2019年10月10日(木) 9:30~17:30
          10月11日(金) 9:30~17:00
会   場 東京ビッグサイト 青海展示棟 Bホール
主   催 地方公共団体情報システム機構
入 場 料 無料(事前登録制)

ご来場の事前登録はこちら

ブース番号 64

ベンダープレゼンテーション

ベンダープレゼンテーションのご聴講には、事前のお申し込みが必要です。

ベンダープレゼンテーションのお申し込みはこちらをクリックしてくださいお申し込みはこちら

  • お申し込みには、ご来場の事前登録時に発行されたIDとパスワードが必要です。

NECの考える未来の自治体像と圏域行政を見据えた自治体クラウドのあるべき姿

日   時 10月10日(木) 14:45~15:30
会   場 ベンダープレゼンテーション会場【A会場】(定員80名)
講 演 番 号 A4
概   要 経済の長期低迷、多発する震災、そして人口減少社会と多重な課題に直面している日本。一方で我々の想像をはるかに超えるテクノロジーの進化。今後の日本をよりよくするためにもデジタルトランスフォーメーションを実現する時だと考えます。地方公共団体におかれましても、業務を変革し、いち早く地域のミリョク造りへとシフトする時ではないでしょうか。
その第一歩として、地方公共団体のリソースシフトを実現するNECの自治体クラウドをご紹介します。
講   師 日本電気株式会社 公共ソリューション事業部 事業部長代理 伊藤 邦浩

岡崎市における都市経営の高度化 ~スマートシティ構築とEBPM実践~

日   時 10月11日(金) 11:45~12:30
会   場 ベンダープレゼンテーション会場【A会場】(定員80名)
講 演 番 号 A7
概   要 岡崎市では、Society5.0で実現する人間中心の社会を見据え、地方公共団体における都市経営の高度化を図るため、スマートシティ構築やEBPM実践についてAIをはじめとするICT 技術の活用に着手しています。
本講演では取り組み内容や効果、今後の展望などについてお話しいただきます。
講   師 岡崎市 総合政策部企画課企画係 係長 鈴木 昌幸様

ミニセミナー

NECブース内のメインステージでは、当社の取り組みや事例紹介を予定しております。
当日ご自由にご参加いただけますが、9月中旬頃より当社HPでの事前お申し込みも承ります。気になる講演がございましたらお気軽にお申し込みください。

行政のクラウド化を推進するNEC取り組みのご紹介

概   要 いま求められている自治体クラウドへの対応に向けて、地方公共団体の皆様が閉域で安心してご利用いただける「NEC公共IaaS」を2020年より提供いたします。パブリッククラウドとの接点を含め、NECが考えるクラウドシフトについてご紹介いたします。

地方公共団体の皆様と共に創るチャットボット

概   要 AIを活用したチャットボットを地方公共団体の皆様と創り上げるNECの共創プロジェクトについてご紹介いたします。

選定基準で絞らない、適所適材なRPA活用効果の実経験 ~NEC社内におけるRPA活用の実態~

概   要 NECでは、業務や機能・操作特性に応じて様々なRPAを活用することで、業務改革にて大きな効果を挙げております。様々なツールを使い分けた経緯や業務効率化をいかに実践したか、NECグループでの取り組みをここだけの裏話も交えてご紹介いたします。

自治体職員でもテレワークができる! ~多様な働き方を実現する閉域モバイル接続のご紹介~

概   要 働き方改革が広がる一方、地方公共団体では行政特有の課題から、テレワークの導入に踏み切れない現実があるかと存じます。本セミナーではセキュアなテレワーク環境を実現する具体的な方法をご紹介いたします。

スマートシティに関する取り組み事例ご紹介

EBPMの取り組み事例ご紹介

など

システム展示

NECのスマートシティ

EBPM

  • GPRIMEデータ分析サービス

AI等による窓口改革

業務自動化ソフトウェアロボット「NEC Software Robot Solution」

ヘルスケア関連ソリューション

働き方改革ソリューション

NECクラウドサービス

地方公共団体向け総合ソリューション「GPRIME」

インフラ関連ソリューション

など、他にも、NECの新たな技術を活用したソリューションや事例などをご用意いたします。

お問い合わせ先

日本電気株式会社 公共ソリューション事業部
地方自治情報化推進フェア2019事務局

TEL:03-3798-1443
MAIL:sw@fcs.jp.nec.com

ページの先頭へ戻る