窓口改善ソリューション

(届出入力システム、電子サイン、RPA)

デジタルガバメント関連ソリューションのひとつ、「窓口改善ソリューション」をご紹介します。
地方公共団体における窓口サービスをデジタル化し、住民サービス水準の向上と職員の業務効率化を実現するソリューションです。

地方公共団体の課題

  • 窓口の混雑常態化
    特に年度末の繁忙期には混雑が常態化しているが、混雑緩和の抜本的な策が打ち出せていない
  • 窓口での手続における住民の負担増加
    申請書ごとに類似情報を記入するケースが多く、記入に要する時間の増加や内容不備による修正作業が発生
  • 職員の事務負担の増加
    手書きされた申請書の内容を業務システムに手動で入力

解決策

  • 自宅や庁舎での待ち時間を利用して申請書を事前に作成
    住民は、従来の紙様式への記入ではなく、スマートフォンなどで事前に申請書を作成。
  • 住民の負担にならない形で申請書をデジタル化
    「電子サイン」技術により、タブレット端末に手書きで文字入力が可能。ITを得意としない住民にも優しい手書きのまま、申請書のペーパーレス化と届出処理の効率化を実現。
  • 申請書のデータは自動でシステムと連携し、職員の入力業務を削減
    申請書の内容はそのままデジタル化され、RPA(Robotic Process Automation) ※1を用いて業務システムへ自動入力。従来必要だった職員によるシステムへのデータ入力作業を削減。
  • ※1
    RPAとは人の定型的なパソコン操作をソフトウェアロボットに行わせること、またはソフトウェアロボットを取り扱う開発環境・実行環境などのツール群。
  • 情報収集のみを目的とした製品ベンダー様、SIベンダー様からのお問い合わせはお断りする場合があります。