サイト内の現在位置

NEC開発の生成AI 「cotomi(コトミ)」

庁内データとの組み合わせにより
自治体の業務効率化に貢献します

NEC開発の生成AI「cotomi」活用による生産性向上

優れた日本語性能を持つNEC開発のLLM(大規模言語モデル)「cotomi」を用いて、汎用的な生成AIでは難しいとされている自治体職員の業務負荷の軽減や問題解決をサポートします。

「cotomi(コトミ)」はNECが開発した生成AIの名称です。ことばにより未来を示し、「こと」が「みのる」ようにという想いを込めており、生成AIを軸にお客様と伴走するパートナーでありたいとNECは考えています。

cotomi の特長

Point1 自治体業務に適した高速・高精度なAI

cotomiは世界トップクラスの高速さと日本語性能を両立しており、各自治体のデータを本AIに学習させることで専門性の高い業務にも対応可能です。

Point2 安全・安心な活用

自治体業務におけるセキュリティポリシーを踏まえた職員の利便性や、機密情報などの安全性の確保のための適切なアーキテクチャを提案します。

自治体におけるAI活用の想定ケース

cotomiを活用することで、以下に示すような資料作成の効率化、情報検索の高度化が期待できます。

資料作成の効率化

AIが半自動的に資料を作成
例:議会答弁資料の作成支援
  議事録の自動作成
  作成文書のチェック

情報検索の高度化

質問をするだけで回答を取得
例:庁内ナレッジの検索
  例規集の検索
  国の通知文、法改正等の検索

<業務効率化例>*
資料作成時間:50% 削減 議事録作成時間:平均30分→ 約5分

*当社内での検証 NEC、日本市場向け生成AIを開発・提供開始(2023年7月6日) : プレスリリース | NEC

実証事例

神奈川県 相模原市
自治体業務における生成AIの活用に向けて、相模原市と協定を締結し、一部の部門での活用検証を行っています。
本検証では相模原市における自治体業務に特化したLLMを構築し、市行政事務における生成AIの活用を目指します。

プレスリリース

お問い合わせ