サイト内の現在位置

棚定点観測サービス

小売店の隠れた主役「商品棚」をDX!
  • 商品棚を最適な状態に保つために、バックヤードと売り場を行ったり来たりしていませんか?
  • 「今売り場はどうなっているんだろう」と思いつつ、売り場まで足を運ぶのが面倒で諦めていませんか?
  • 品出しが間に合わず、機会ロスを発生させていませんか?

本サービスの導入で簡単に解決できます

棚定点観測サービスは、リアル店舗の最も重要な経営リソースの一つである「商品棚」に注目した店舗DXプラットフォームです。まずは、商品棚の今をとらえて、即座に店員に気付き(インサイト)を与える機能を提供します。今後も、商品棚に注目した店舗DX支援機能のリリースを続けていきます。

サービス概要図 (左)スマホ (右)PC

特長(1) 売場チェック機能

いつでもどこからでも、売場の今を確認できます。また、過去の売り場状況も確認できます。

サービス説明資料で、画面イメージを確認する

特長(2) 品出し支援機能

品出し業務を支援します。品出しを必要とする棚を検知し、優先度順に表示します。また、品出しが必要な商品のリストを作成します(準備中)。

サービス説明資料で、画面イメージを確認する

特徴(3) カメラの設置は誰でも簡単

カメラは誰でも簡単に設置できます。クリップや両面テープで固定し、電源をつなぐだけ。

サービス説明資料で、画面イメージを確認する

ここがポイント!
NECは「商品棚を見る」ことにこだわり技術開発を進めています。

店内カメラ映像 商品棚部分を抽出し歪みを補正

技術特長(1) 棚画像抽出・歪み補正技術

魚眼レンズや広角レンズで撮影した画像からでも、商品棚部分のみを抽出し歪みなく表示することが可能です。カメラの設置台数低減に寄与します。

(左)画像処理前 (右)画像処理後

技術特長(2) 人物消去技術

画像を用いた定点観測で困るのが人の映り込み。本サービスでは独自技術で人物消去が可能です(特許出願済み)。人物消去済み画像のみが保存されるので、棚の画像を確認しやすいだけでなく、個人情報保護の観点でも安心です。

システム構成

構成はシンプル。小型カメラを棚前に固定し、店舗のWiFiに接続するだけ。
画像は自動でクラウドに送信されます。
棚画像や検知情報はAPIを活用した他システム連携が可能!既存の店舗システムに統合可能です。

店内 棚定点観測サービス バックヤード PC スマホ API 3rd party

導入フロー

STEP1 まずはお気軽にお問い合わせください STEP2 3営業日以内にご連絡いたします STEP3 必要機器台数に応じた概算御見積りを提示し、製品の詳細説明をさせていただきます STEP4お客さまにてカメラ設置が完了次第、NECにご連絡 STEP5 NECで本サービスの設定とユーザIDの発行を実施し、お客様にご連絡 STEP6 お客様にてアプリダウンロード/WEBアクセスいただきデータを参照

お気軽にお問い合わせください。

棚定点観測サービスは、リアル店舗の最も重要な経営リソースの一つである「商品棚」に注目した店舗DXプラットフォームです。皆様のお役に立てるように、「商品棚」に注目した機能強化を続けていきます。そのためにも、皆様のご意見が非常に大切です。「商品棚」に関する皆様の困りごとや、「商品棚」情報を用いた業務改善のアイデアなどを是非教えてください。

是非ご連絡ください。

関連リンク