サイト内の現在位置

SAPソリューション

企業改革を加速させる
コンポーザブルなDXプラットフォーム

NECが社内実践で培ってきた業務改革のノウハウをもとに、プロセス変革とデータ駆動型経営の実現を支援します。

資料ダウンロード

インデックス

CX/DXの実践

経営課題解決につながる継続的な企業全体の変革
CX(コーポレートトランスフォーメーション)/DX実践

DXを手段としたCX(コーポレートトランスフォーメーション)によって実践されるデータドリブン経営とE2E業務プロセス刷新。
経営基盤を刷新し共通データによる素早い経営判断と、
業務プロセスの標準化・高度化によるビジネスモデルの変革によって、
企業が掲げるビジョン(経営課題解決)を実現させていきます。

NEC、コーポレート・トランスフォーメーションの加速に向けて、SAPと戦略的協業を強化

ソリューション/サービス

企業改革を加速させる
NECのSAPソリューション/サービス

データドリブン経営/End to End業務プロセス刷新を実現する
コンポーザブルなDXプラットフォームを提供

企業活動のあらゆる場面での目標達成に貢献します

人材の適正配置・育成

人材情報を見える化
最適な育成・配置を実現

人手不足が深刻化していく中、限られた人材を如何に活用していくかが重要なポイントとなります。
NECの『Cultiiva Global/HM』(カルティバグローバルエイチエム)は人材情報の見える化を図り、最適な人材の育成、配置を実現します。

業務とITのシンプル化を実現

スムーズなDX化と新たな価値創出のためのコンバージョンを支援

2027年にSAP ERPがサポート期限を迎え、その頃にはIT人材が43万人も不足すると予測されています。多くの企業が新ERP「SAP S/4HANA」への移行を検討していますが、投資対効果が見出せないという声も多くお聞きします。NECは自らSAP HANAを活用しDXを実践してきた知見を活かし、お客様における投資対効果を見出し、ビジネスの成長と変革を支援します。

データ駆動型経営の実現

仮説検証型から次世代の仮説発見型へ変革。デジタル経営基盤の構築を支援

経済産業省が示す2025年の崖において、DXを推進していくにあたり、いかにデータ活用をしていくかが重要なポイントと捉まえています。
NECではお客様のデータ駆動型経営を実現するデジタル経営基盤の構築を強力にご支援します。

業務の改善と改革を実践

経営課題解決につながる業務改善とDXによる業務の高度化や価値共創を支援

企業を取り巻く環境と業務におけるリスク内容が変容し、業務改善の方法やデータを活用した高度化が、経営インパクトの回避に不可欠な状態となっています。
デジタルによって業務プロセスそのものを改善し、データを活用して業務を高度化。さらにさまざまなパートナーとの共創が可能となる業務改革を支援します。

国内最大規模のSAPユーザでもあるNECのパートナーシップと実績

NECは1994年よりSAPビジネスに本格的に取り組み、参画プロジェクト数は200以上。
また、2008年より全社を挙げ、SAPを用いたグローバルでの業務改革(Global One = G1)プロジェクトを完遂。
そして、現在DX変革に向けて自らが取り組んでいます。

ニュース

資料ダウンロード・お問い合わせ