サイト内の現在位置

NEC ヒアラブルデバイストライアルキット

背景

限られた時間と労働力で、安全性と生産性の向上が求められる

昨今、労働力人口の減少に伴い労働人員の確保が困難になる中、労働時間の規制が強化され、限られた労働時間と労働力の中で生産性を向上することは様々な産業で重要な課題となっています。そのため、ITやクラウドツールを活用し、従来の業務手法や働き方を変革することで、業務遂行をより効率化する取り組みが推進されています。
例えば、工場などの製造現場や屋外作業などの現場では、管理者は作業内容の把握に加え、現場作業者の安全確保のため環境に応じたきめ細やかな配慮も求められています。

将来の生産年齢人口比率

概要

個々人に紐づいたデータを一括管理・分析し、現場全体の業務改善へ

「NEC ヒアラブルデバイストライアルキット」は、ヒアラブルデバイスで収集した活動量、音声メモで記録した音声情報等のデータを耳音響認証(注1)で特定した個人と紐づけ、可視化・分析ができる法人向けサービスです。
本サービスを利用することによって、作業内容の可視化ができ業務改善ポイントの把握が可能になります。

特長

1.ヒアラブルデバイス装着者の状態を可視化

ヒアラブルデバイスに搭載した加速度センサーなどから活動量情報を収集するとともに、「耳音響認証技術」で個人を特定し、取得したデータと個人を紐づけて一元管理できます。

2.騒音環境下の音声もクリアに把握

ヒアラブルデバイスの通話アクティブノイズキャンセリングと音声メモにより、騒音環境下での作業内容などの音声データをクリアに保存できます。さらに、Bluetoothヘッドセットとして活用することで、クリアな音声通話も実現します。

3.データ分析ツールにより業務課題の解決や新たな価値の創出

ヒアラブルデバイスで収集し、蓄積したデータを分析するクラウド環境を提供します。このクラウド環境上に送信されたヒアラブルデバイスで収取したデータと、インポートしたお客さま保有のデータや天気などのオープンデータを組み合わせて分析を行うことで、業務が可視化され、業務マニュアル作成や業務改善ポイントの把握に活用できます。

活用イメージ

製造現場などの現場改善・有識者確認
有資格者等の本人確認や、作業者ごとの作業内容・時間をタイムリーに記録できるため、業務改善ポイントの把握や現場マニュアル化の参考データとして活用が可能です。これにより、作業者スキルの平準化や生産性向上を支援します。
公共インフラなどの屋外メンテナンス作業者の安全管理
高所やカメラが設置できない場所でも、作業者の作業内容や時間を記録できます。また、防護服着用時や一人作業の場合、遠隔から作業者の状態を把握することにより、注意喚起を促すなどの安全管理への応用が可能です。
倉庫内作業者の検品作業効率化
手作業で管理している荷物計測結果や作業リストのチェックを、作業を継続したまま音声で記録することで、作業時間の短縮などの業務改善が期待できます。
医療現場における本人認証入退・遠隔コミュニケーション
メガネ、マスクや手袋を装着した状態で入退室する際の本人確認や、遠隔のナースステーションや他の専門医との円滑なコミュニケーションにより、医療現場を最新技術でサポートします。

システム構成

NEC ヒアラブルデバイストライアルキット(10セット)

  • ご利用期間:6ヶ月
  • ご提供内容:ヒアラブルデバイス、クラウド分析環境

NEC ヒアラブルデバイストライアルキット(30セット)

  • NEC ヒアラブルデバイストライアルキットのご利用については、スマートフォンが必要です。
  • オプションでスマートフォンのレンタルも可能です。
  • SIMについてはお客さまでご用意いただく必要がございます。
  • インターネット接続環境についてもお客様でご準備していただく必要があります。

注釈

関連リンク

お問い合わせ