サイト内の現在位置を表示しています。

業種別PLMソリューション

電機・精密機器業向けPLMソリューション

グローバル競争力強化を支援する技術情報とプロセス統合管理

電気機器・精密機器業界では、顧客ニーズの多様化により、製品バリエーションの増加と製品ライフサイクルの短命化が進んでいます。また、開発・調達・生産・販売の拠点をグローバルに展開しているため、分散開発環境下でいかに効率的に新製品を開発・生産するかも大きな課題となっています。また、海外多拠点での均一で高品質な生産や、労働力不足を見据えたロボット導入のため、BOPの検討が進んでいます。

「Obbligato/電機・精密機械業向けPLMソリューション」では、設計リードタイム短縮やコスト競争力向上などを実現するために、製品情報の蓄積・見える化とグローバルレベルでの情報共有・活用を実現します。

特長

  • 用途別BOM(企画BOM~設計BOM~生産BOM)の統合管理により、設計効率化とコストマネジメントを実現

  • 現地ニーズを取り込んだ商品企画業務を支援

  • 仕向地・生産地・仕様違い等、多様な派生機種開発や部品共通化を効率化

  • 「設計」と「製造」に必要な基準情報(BOM/BOP)をPLM上に集約し、グローバル生産拠点との情報共有・活用を実現

  • ハードウェア情報とソフトウェア情報の統合管理による協調設計の促進

主要機能

統合BOM
  • 用途別BOM(企画BOM~設計BOM~生産BOM)による技術情報の共有・活用の推進

  • 設変情報をスムーズに生産連携し、手戻り防止、品質品質向上

バリエーション管理
  • 類似する複数製品の構成を1つの構成で管理することで、製品情報の維持・管理を効率化

  • 類似BOMをマトリックス形式で比較・編集し、仕向や生産地など派生機種開発を効率化

企画BOM
  • 仕様・部品やユニットの関係を定義し、標準化を推進

  • 対応関係を管理し、変更時のトレーサビリティを強化

コストマネジメント
  • 上流からの原価の作り込み

  • BOMやBOPを用いたコストシミュレーション

  • 企画段階からの原価把握による採算性の確認

工程情報(BOP)管理
  • 工程情報・設備・製造条件の一元管理

  • 製品・工程・リソースを横断した影響範囲のトレース

CAD連携
  • CADとPLMのシームレスな情報連携により、3Dデータの全社活用で生産性を向上

  • 3DCADデータ管理を使った部門内での版管理、流用設計を促進

プロジェクト管理
  • プロジェクト管理(WBS)と成果物管理の統合による品質プロセス管理の強化

  • 開発プロセスの可視化

  • プロジェクト情報のナレッジ化

メカ・エレ・ソフト管理
  • メカ・エレキ・ソフトの開発プロセスの統合

  • 分散開発環境における変更要件のトレースや並行開発を実現
  • 顧客要求から製品全体の要件を管理し、ハードとソフトのトレーサビリティを確保

ERP連携
  • グローバル拠点の生産システム・調達システムとの情報共有・活用の推進

  • 設計における生産システム上の情報(コスト・納期・在庫など)の有効活用

含有化学物質管理
  • 企画・設計段階から含有化学物質を集計・シミュレーション

  • 統合BOMと含有化学物質の統合による環境に配慮した製品開発を実現

持ち出し制御
  • ユーザ毎に持ち出し(メール添付、コピー、印刷など)を制御し技術情報をセキュアに管理

コラボレーション基盤
  • 社外パートナー(ODM、EMSなど)とのセキュアな情報共有・連携

  • 大容量ファイル転送

導入事例

オリンパス様 科学事業の設計・開発業務を統合、オペレーションを標準化し、複数存在していたPDMの統合を実現。システム間を「疎」連携にして、将来の運用負荷を軽減。
パッケージの標準機能適用率93.4%を達成、カスタマイズ最小化を実現。
NEC 各事業体毎に個別運用されていた10以上のPDMのシステムを統合。システム統合による年間5億円の運用コストを削減。需要変動に応じた生産やBCP対策を可能とする生産マップフリーを実現。
シナノケンシ様

多品種少量生産で利益率向上。コンフィグレータとBOM連携で試作業務を大幅効率化。設計リソースの創出で設計者をより戦略的な業務にアサインし、競争力を強化。

セイコーエプソン様

事業や国の枠を超えて製品情報を統合管理。グローバル市場に対応し続けるために仕向国別の製品バリエーション管理をマトリックスBOMを活用して効率化、品質向上。

 理想科学工業様 3DCADデータを効率的に管理するPDMとBOMや図面などの全社共有を支えるPLMを連携し、3次元データによる全社一気通貫システムを実現。
PDF※本事例のPDFを開く(1,002KB)