サイト内の現在位置を表示しています。

SCMソリューション群

工程情報管理ソリューション(BOPマネジメント)

BOPのデジタル化・BOM/BOPの統合管理により、設計と生産のシームレスな連携を実現

不確実な時代に、製造業は、変化を察知、迅速、柔軟に対応する企業変革力の強化が急務です。それには、エンジニアリングチェーンとサプライチェーンの連携を強固にして、柔軟なものづくりを実現する仕組みが必要です。そこで設計と製造現場をデジタルにつなぐために、BOMに加えてBOP(Bill of Process)のデジタル化が、注目されています。

「Obbligato/工程情報管理ソリューション」は、図面やBOMなどの設計成果物に加え、製造に関するBOP情報までを統合管理します。品質管理に重要となるものづくり5M情報を統合し、リンクを辿ることで迅速なトレーサビリティを実現します。

BOM・BOP・Resource・Documentなど技術・生産に関わる情報の統合管理を実現

BOPのデジタル化・BOM/BOPの統合管理は、グローバルものづくりの最大のボトルネックである設計と生産のシームレスな連携を実現し、様々なメリットをもたらします。

  • 製造手順書のデジタル化

  • グローバル生産拠点立ち上げと最適地生産の迅速化

  • 品質トレーサビリティの強化

  • 精度の高い原価企画

  • 設計-生産コンカレントエンジニアリング(フロントローディング)

  • 製造業DX・スマートファクトリーの実現

グローバル生産拠点の短期立上げ:BOM/BOPをPLMに集約し新生産拠点へ配信
グローバル生産拠点の短期立上げ:BOM/BOPをPLMに集約し新生産拠点へ配信

主要機能

  • 工程情報管理(工順、工程、作業手順、等)
  • リソース情報管理(設備、型、治工具、使用条件、等)

補足:BOP(Bill of Process)とは?

BOMが「どんな部品をいくつ使って作るか」を表す製品自体の基準情報であるのに対し、BOPは「どの工程で」「どのように」「何の設備や治工具を使って作るか」を表す製造プロセスの基準情報のことです。
設計BOMと生産BOMの間にBOPを定義し、それを仲介とすることで、設計と生産のシームレスな連携が可能となります。

BOP(Bill of Process)とは?