サイト内の現在位置

PC/FC-9800シリーズ エミュレータ」で拓くスマートファクトリー化への第一歩PC/FC-9800シリーズ エミュレータ」で拓くスマートファクトリー化への第一歩

「PC/FC-9800シリーズ エミュレータ」で拓くスマートファクトリー化への第一歩

~老朽化による“事業継続リスク”解消へ~【2022.07.13】

カテゴリ:DX・業務改革推進生産技術・製造スマートファクトリー(IoT基盤/AI)

NECは、老朽化パソコンのリプレイスなどに強いZion株式会社と連携し、同社が開発した「PC/FC-9800シリーズ エミュレータ『Neo』」を提供しています。これによって、生産設備用PC/FC-9800シリーズ(以降、PC-98)をWindows10/11上で稼働するシステムに置き換え、PC-98の老朽化による事業継続リスクを解消。加えて、この導入を期にお客様の工場のスマートファクトリー化をご提案していきます。

NEC 第一製造ソリューション統括部 組込みインテグレーショングループ プロフェッショナル 原田祐介
Zion株式会社 代表取締役 長谷川幹夫氏

稼働がストップするリスクへの対応

NEC 第一製造ソリューション統括部 組込みインテグレーショングループプロフェッショナル 原田祐介

原田: NECは、1982年から2003年まで、パーソナルコンピュータの「PC/FC-9800シリーズ」を販売し、総出荷台数1,830万台というヒットを記録しました。このPC-98は、生産設備や計測器のコントローラ(FC)としても利用され、現在も製造業のお客様の現場を中心に約10万台が稼働していると言われています。主力の製品ラインは最新設備に更新されていても、少量しか生産しないサブ的な品目のラインでは、古いPC-98がそのまま用いられているケースが少なくありません。

しかし、PC-98は最新のものでも発売から20年が経過し、老朽化により稼働がストップするリスクがあります。故障に備えて中古の予備機をストックしているお客様がいらっしゃるのはいいのですが、いざという時に予備機が動かないという場合があるのです。また、古いので導入時の担当者がいなかったり、仕様書や資料が残っていないといったことが起こりがちです。とは言え、システムを入れ替えるには高額な費用がかかってしまい、頭の痛い問題になっているのです。

こうした課題に対応すべく、Zion社は「PC/FC-9800シリーズ エミュレータ『Neo』」を開発しました。そこで、PC-98のメーカーとしての責任を果たす一環として、NECはZion社と連携し、全国のPC-98ユーザーのお客様に対して『Neo』をご提供する体制を整えました。

設備新設の1/10のコストで可能

Zion株式会社 代表取締役 長谷川幹夫氏

長谷川氏: 『Neo』は、PC-98のハードウェアとソフトウェアをWindows10/11上で動作(エミュレート)させるソフトウェアで、稼働中の生産設備コントローラなどのプログラムはノータッチ、つまり一切の変更なしでWindows10/11上で動作させることができるようになります。

しかしながら、このソフトウェアだけで生産設備を動作させることができるわけではありません。PC-98にはC-BUSボードという機能拡張ボードが実装され、そこからケーブルなどで生産設備に接続されているのですが、Windows10/11端末の場合はC-BUSボードをPCIボードなどにリプレイスする必要があります。その場合、コネクタの形状や信号のピンアサインが異なっているので、生産設備にそのままでは接続させることができません。

そこで当社では、既存の配線にリプレイスしたPCIボードを接続するための「変換BOX」を作成しています。リプレイス対象となるPC-98がコントロールしている生産設備などはお客様によって様々であり、接続状況や環境もそれぞれ異なっています。そこで、この変換BOXはお客様の現場環境に応じてカスタマイズしてご提供しています。

つまり、『Neo』のソリューションは、PC部分のソフトウェア、PCIボード、変換BOXの3点によって構成されています。大きなポイントは、先述したとおり既存の生産設備コントローラなどのプログラムに一切触れないこと。つまり、PC-98の中味をそっくりそのままWindows10/11環境に移植できることです。これによって、一から新しい環境をつくり直す場合に比べ、ある事例では10分の1程度のコストで済ませることができました。

なお、『Neo』によるリプレイス作業は、まず現地でHDDのバックアップおよびハード・ソフトの現状把握などで1日、弊社内での検討および機器設定などの作業で3日ほどを要し、そこでリプレイスの可否を判定します。可の場合は、新しい端末やPCIカードなどの手配に約4週間、新しい端末への設定に約1週間、現地での接続作業や動作確認に2日というスケジュールで進行させます。
ちなみに、これまで手掛けてきた中で、手に負えないごく一部の特殊なケースを除いてほぼ全てのリプレイス案件を成功させてきました。現状、国内でこの様なDXを含めたリプレイス対応が可能なのは、弊社とNECさんだけであると思います。

スマートファクトリー化への第一歩に

原田: このPC-98エミュレータは、リプレイスしたお客様の生産現場をスマートファクトリー化に導く契機にも位置付けています。
PC-98は、それまでスタンドアローンの生産設備コントローラなどとしてお使いいただいていたわけですが、これがWindows10/11になればネットワークに接続することが可能となります。そうなると、生産設備から作業者(Man)、方法(Method)、材料(Material)、機械(Machine)、環境(Environment)、および計測器の測定(Measurement)の、いわゆる“5M1E”データを抽出することができるわけです。これらのデータはそれまで手作業で抽出していたわけですが、これを自動的に抽出・蓄積し、生産データの見える化や分析に利活用できます。つまり、工場のDXであり、IoTやAI、MESなどを活用するスマートファクトリーへの第一歩に繋がるのです。

これまでNECは、お客様の生産現場でものづくりを支援してまいりました。近年になってPC-98の老朽化による事業継続リスクを心配する声が届くようになりました。
そこで、PC-98エミュレータをこうした生産現場にお届けすることを機に、現場に入らせていただき、お客様の生産現場の刷新や高機能化など、課題解決に貢献させていただきたいと考えています。

長谷川氏: 「35年前に導入したPC-98についてわかる人がいなくなり、仕様書なども残っていないので諦めていた」という声も聞きました。決して諦めることなくご相談いただきたいですし、その先の生産現場のスマートファクトリー化による大幅な生産性向上にも、ぜひ共に取り組ませていただければと思っております。

お問い合わせ