サイト内の現在位置を表示しています。

VPN対応高速アクセスルータ UNIVERGE IXシリーズ

News

特長

「UNIVERGE IXシリーズ」は、高速化が進むブロードバンド回線でのVPN構築に適した、企業向けの高速アクセスルータです。

小型ルータとしては業界最高クラスの転送性能・暗号化(IPsec)性能を実現。また、ブロードバンド回線の他にも、ISDNやデータコネクト(NGN)、ワイヤレス回線(無線WAN)、光ファイバー接続など、多様な回線サービスに対応。お客様の様々なビジネスニーズに対して、高いパフォーマンスと信頼性で応える製品です。

2018年10月にリリースしたバージョン「ver.10.0」で新たにUTM機能を搭載(対応製品は「IX3315/IX2310/IX2235/IX2215/IX2107/IX2106」の7機種)。IPS、アンチウィルス、Webガード、URLフィルタリングといった複数のセキュリティ対策を組み合わせた多層防御を実現します。(UTM機能を有効化時の性能 300Mbps※)

(※)UTM性能の詳細はこちら

センタ用ルータ(IX3000シリーズ)

UNIVERGE IX3315

・10ギガビット対応の高速・高収容センタ用ルータ
・IPv4基本性能 10Gbps、IPsec性能 4Gbps、IPsec最大5,000対地
・UTM機能搭載(ソフトウェア ver.10.0以降、別途ライセンスが必要)UTM対応


拠点用ルータ(IX2000シリーズ)

・高速WANサービス(10Gbps)に対応した、ハイスペックモデル。IPv4基本性能10Gbps、IPsec性能 4Gbps、IPsec最大256対地
・ZTP(Zero Touch Provisioning)機能に対応した保守特化モデル。NetMeisterと連携したかんたん設置を実現
・UTM機能搭載(別途ライセンスが必要)UTM対応

UNIVERGE IX2310

・ZTP(Zero Touch Provisioning)機能に対応した保守特化モデル。NetMeisterと連携したかんたん設置を実現
・IPv4基本性能 2Gbps、IPsec性能 1.3Gbps、IPsec最大256対地
・UTM機能搭載(別途ライセンスが必要)UTM対応

UNIVERGE IX2235

・ギガビット回線とワイヤレス回線に対応した拠点用オールインワンルータ
・IPv4基本性能 2Gbps、IPsec性能 1.3Gbps、IPsec最大128対地
・UTM機能搭載(ソフトウェア ver.10.0以降、別途ライセンスが必要)UTM対応

UNIVERGE IX2215

・ZTP(Zero Touch Provisioning)機能に対応した保守特化モデル。NetMeisterと連携したかんたん設置を実現
・ギガビット回線に最適な拠点用ルータ
・IPv4基本性能 2Gbps、IPsec性能 1.2Gbps、IPsec最大128対地
・UTM機能搭載(別途ライセンスが必要)

UNIVERGE IX2107

・ギガビット回線に最適な拠点用ルータ
・IPv4基本性能 2Gbps、IPsec性能 1.2Gbps、IPsec最大128対地
・UTM機能搭載(ソフトウェア ver.10.0以降、別途ライセンスが必要)

UNIVERGE IX2106

セミナー

UNIVERGEIXシリーズ含む、法人向けネットワーク製品を対象とした各種セミナーをオンライン形式で定期的に開催中です。
製品やサービスのご紹介のほか、実機を遠隔利用いただくセミナーもご用意していますので是非ご参加ください。

オンラインセミナーのご案内

お申し込みの際には、ウェビナー登録フォームにて上記バナー記載の「セミナー申し込みコード(NP)」をご入力ください。

また、IXシリーズの累計出荷台数100万台突破を記念して、IXシリーズ関連のセミナー受講時にアンケート(クイズ)にお答え頂いた正解者の中から、抽選で記念ノベルティをプレゼントしています。是非ご参加ください。

【累計出荷台数100万台突破記念キャンペーン!!対象セミナー】
・NetMeisterまるわかりセミナー
・IXシリーズ×ゼロタッチプロビジョニングご紹介
・新機種IX2310リリース ~IX2000シリーズ最高転送性能&ZTP機能で設定を簡単に~

お知らせ

2021年12月09日

UTM機能の過検知障害(復旧済み)について

12月9日(木)14時にリリースしたIPSのシグネチャにおいて、Webアクセスを以下の脅威として過検知する事象が発生していました。
  • 対象IPS 8100823 Microsoft Windows Name Query Overflow via UDP attempt
本件については12月9日(木)16時 にリリースを行ったシグネチャにおいて対処し、現在は復旧しています。上記時間においてこれらの脅威を検出していても、必ずしもセキュリティ上の問題ではありません。※過検知とは:脅威ではない通信を脅威として検出してしまうことをいいます。

資料請求・お問い合わせ