サイト内の現在位置を表示しています。

品質管理・品質保証

~グローバル品質の安定~

お問い合わせ

お客さま情報の登録が必要です

課題解決テーマ1:検査データ改ざんを防止するために必要な改善手段とは?

品質管理/品質保証は、企業の信頼性向上・受注拡大に重要な要素です。しかし昨今、様々な品質問題が起こり、日本の品質ブランドが揺らぎ始めています。また、お客様から品質管理の厳格化を求められている事例が増えています。将来の企業価値向上に向け、品質管理/品質保証の見直しが求められています。

【改善させなければならない一番の課題】

  • 工程(プロセス全体)の把握
  • 改ざん出来てしまう仕組み

この課題に取り組むうえでの改善アイデアをご紹介します。

課題と解決策例(ユースケース)

製品検査は目視による検査に頼っているケースも多く、様々な課題を抱えています。AIを活用した人手に頼らない製品検査システムを導入することで、従来の目視による検査を代替。工程(プロセス全体)を最適化し、改ざんを防止します。

関連ソリューション

課題解決テーマ2:品質管理レベルの統一のために必要な改善とは?

企業の信頼性を維持し、安定的な受注を獲得うえで重要な品質管理。グローバルレベルで自社の本質基準を統一させておく必要があります。企業は、つねに一定の製品を製造する品質の定義・厳しい要求に対し工夫し応えていかなければなりません。そのためにも、検査員・検品作業の労働力不足、検査員・検品作業のスキル不足、製造工程プロセス全体の把握などの課題を改善しなければなりません。

【改善させなければならない一番の課題】

  • 検査員・検品作業の労働力不足
  • 検査員・検品作業のスキル不足
  • 製造工程プロセス全体の把握

この課題に取り組むうえでの改善アイデアをご紹介します。

課題と解決策例(ユースケース)

熟練者の退職にともない、人員不足やスキルのバラつきなどに悩む企業が増加しています。ウェアラブルデバイスを装着した現場の若年者と事務所にいる熟練者が音声や画像を共有し、適宜コミュニケーションしながら作業を進める仕組みを導入。構内作業の効率化を実現します。

製品検査は目視による検査に頼っているケースも多く、様々な課題を抱えています。AIを活用した人手に頼らない製品検査システムを導入することで、製品検査の品質向上を実現します。

関連ソリューション

関連記事

「品質管理」は常に注力する課題の上位に位置しているが、そのための企業内の体制は、果たして整っているでしょうか。さらに複雑化する「品質管理」へどう立ち向かうか、新しいアプローチを紹介します。

自動化や自律化の動きに取り残されそうになっているのが「検査工程」。人手不足が指摘される中で今後はさらに工程の維持が難しくなります。その救世主として期待されるのがAI(人工知能)技術です。

データ不正書き換え、無資格検査員による検査、不十分な品質管理など、日本企業の“品質”が問われています。そのなかで企業価値を守るための必要な品質対策ソリューションを「想定課題に対する実現内容」とともにご紹介します。

資料請求

お客さま情報の登録が必要です