サイト内の現在位置を表示しています。

税務に対する考え方

基本姿勢

NECは、「NECグループ行動規範」において、

  • 関係法令およびこの規範を始めとする社内規程を常に遵守し、すべての企業活動が正常な商慣習と社会倫理に適合したものとなるよう努めること
  • 財務・会計関係を始めとするすべての記録を正確かつ公正に行う等、関係法令および社内規程に従って、適正に業務を遂行し、不正な会計処理および会社に損害を生じさせる行為等を決して行わないこと

と定めています。

税務に関しても、同様の姿勢を基本として取り組んでおり、中長期的な視点で最適化を進めるよう努めています。

関係会社間の取引

NECでは、関係会社間取引における価格設定を、OECD*1移転価格ガイドラインの考え方を踏まえて、独立企業間価格の原則に基づいて行っています。納税は、BEPS*2行動計画などの国際税務に関する一般的に認められたルールやガイダンスの趣旨を理解した上で、事業の成果に応じて各国の租税法令および条約等に基づいて適時適切に行い、不正な租税回避を目的とした行為は行っていません。

  • *1
    OECD(Organisation for Economic Co-operation and Development):経済協力開発機構
  • *2
    BEPS(Base Erosion and Profit Shifting):税源浸食と利益移転

税務当局との関係

NECは、税務当局に対する事前相談や関連する情報開示等に誠意をもって対応することで、税務の不確実性の低減に努めています。

透明性

NECは、金融商品取引法や関係法令等を遵守し、有価証券報告書を作成、開示しています。税金に関しても、有価証券報告書の中で法令等に基づく開示を行っています。
2016年度から、国際財務報告基準(IFRS)による連結業績を開示しています。IFRSを適用することにより、資本市場における財務情報の国際的な比較可能性の向上などに努め、財務情報の透明性をより高めていきます。