サイト内の現在位置を表示しています。

課題解決テーマ:
多品種少量生産における最適な生産の在り方とは?
機会ロスや過剰在庫を招かない最適な生産の在り方とは?

多品種少量生産へのシフトや顧客のリードタイム短縮要求、サプライチェーンのグローバル化に伴い素材業のお客様を取り巻く環境は、いま大きな変化の時代を迎えており、従来と同じサプライチェーンマネージメントでは、想定通りに対応できない場合も多いのではないでしょうか。

  • 見込みが当たらない

  • 計画通りにことが進まず納期回答できないことが増えた

  • 在庫が多いのに欠品状態

  • 在庫の比率が増えている

特に、適正在庫が判断できないという課題は、多くの企業の成長を阻害するビジネスリスクであるといえます。

【改善させなければならない一番の課題】

  • 収益率の悪化

  • キャッシュフローの低下

  • 販売機会の損失

  • 企業競争力の低下

これらの課題に立ち向かうためには、デジタル化とSCM改革による在庫最適化への取組みが必要となります。NECの長年のものづくり改革の経験を凝縮した業務改革とシステム改革のノウハウで、全体最適をサポートいたします。

関連ソリューション

在庫最適化に関する資料をダウンロードできます。是非ご活用ください。




関連記事