サイト内の現在位置

株式会社ベルーナ様

商品の特性に柔軟に対応できるEC基盤
保守・カスタマイズ性を活かして継続的に改善

業種:
  • 卸売・小売業・飲食店
業務:
  • 経営企画
  • 営業・販売
  • マーケティング
ソリューション・サービス:
  • サービス/その他

事例の概要

課題背景

  • アパレルECの基盤でグルメ、ワインのECサイトを構築していた。商品特性に応じて柔軟にカスタマイズするのが難しかった
  • EC基盤は共有しつつも、グルメとワインの顧客層の違いを意識して、異なるサイトを立ち上げたい
  • 定期便、頒布会といった特長のある商品の最適な購入導線を設計したい

成果

グルメ、ワインのためのEC基盤を構築

NeoSarf/DMを使ってグルメとワインのための新しいEC基盤を構築。ファッションを前提にした設計に縛られることなく、柔軟にカスタマイズしていける

同じ基盤上でのマルチテナントを実現

EC基盤は共有しつつもグルメとワインで完全に独立させたサイトを構築。共有可能な部分は共有してコストを抑えながら、商品や顧客層の違いを意識して、それぞれのサイトを最適化していける

最適な仕組みを目指して継続的に改善

高い保守・メンテナンス性が実現。トライアル&エラーを繰り返しながらサイトを成長させていける体制が整った

導入ソリューション

zoom拡大する
「ベルーナグルメ」「マイワインクラブ」のシステム構成

本事例に関するお問い合わせはこちらから

事例の詳細

導入前の背景や課題

株式会社ベルーナ
グルメ企画室
主任
小針 麻希 氏

商品特性に応じてECサイトを最適化したい

「お客様の衣食住遊を豊かにする」という経営理念を掲げて、女性向けファッションやインテリアなどの通販事業を展開しているベルーナ様。事業の安定的な成長のために近年、同社が注力しているのがECの強化です。ファッションが中心の総合通販事業、食品や化粧品、サプリメント、看護師向け用品などを扱う専門通販事業、いずれもEC比率を高めて成長性と収益性を強化しようとしています。

そのような取り組みの一環として、同社は専門通販事業のグルメを扱う「ベルーナグルメ」、ワインを扱う「マイワインクラブ」の2つのサイトのEC基盤を刷新することを決めました。もともと、2つのサイトは独立していましたが、総合通販事業と基盤を共同利用し、一部の機能は共有していました。この基盤は総合通販事業を前提に設計されているため、グルメやワイン向けの変更を行うには相応の工数と期間が必要という課題があったためです。

「ファッション、グルメ、ワインと商品分野が異なれば、求める仕組みも変わります。例えば、グルメはファッションなどに比べて検索直後の商品一覧ページの役割が大きいといった傾向があります。このような違いに応じて、ページの遷移構成、検索や決済のための仕組みを最適化していくために、基盤ごと独立させようと考えたのです」と同社の小針麻希氏は言います。

選択のポイント

株式会社ベルーナ
グローバル企画室
主任
篠原 健志 氏

保守・メンテナンス性の高さを活かして継続的な改善を実現

グルメとワインのための新しいEC基盤を構築するに当たって、同社はいくつかの要件を掲げました。
まず既存のサイトが備えている機能を余すことなく実装できることは必須。その上で求める変更をスピーディに反映していける保守・メンテナンス性の高さを重要な要件としました。

また、インフラは運用管理負荷や拡張性などを考慮してクラウドを選択。そして、グルメとワインで基盤は共有しつつ、それぞれを独立させるマルチテナントを実現できることも要件に加えました。「グルメとワインでは、お客様層がまったく異なるため、完全に独立させたいと考えていました」と同社の篠原健志氏は話します。

株式会社ベルーナ
情報システム本部
IT企画室
室長代理
関口 博之 氏

このような要件のもと、同社が採用したのがNECのEC・通販統合ソリューションNeoSarf/DMです。

NeoSarf/DMは、EC・通販に必要な機能を予めモジュール化しておき、それらを自由に組み合わせながら開発することで、開発生産性やカスタマイズ性の向上を図る部品化構造を採用しています。この特長により、ベルーナ様が求めた高い保守・メンテナンス性も実現します。

また、ベルーナ様は将来の拡張性も評価したと言います。「コールセンター機能など、まだグルメとワインが持っていない機能を備えており、それらを必要に応じて追加していけることを評価しました」と同社の関口博之氏は選定のポイントを話します。

導入後の成果

特長のある商品の最適な購買導線を模索

NeoSarf/DMを基盤とするベルーナグルメとマイワインクラブは既に稼働を開始しています。「一から開発するのではなく、既存の部品を流用することで、私たちが実現したい機能のほぼすべてを短期間で実現してくれました」と小針氏。また関口氏も「データベースの構造など、少し複雑なインテグレーションもお願いしましたが、わずか10カ月という短期間ですべての開発に対応してくれました」と続けます。

狙いだった商品特性に応じた最適化の例としては、ギフトの配送設定があります。

グルメやワインは、ファッションなどに比べて贈り物に利用されることが多い商品です。贈り物は自分用の商品とは異なり、1つの注文に複数の送付先がある場合があります。そこで、配送先の入力をどのタイミングで行うべきかを検討し、直感的に理解できるような導線に工夫をしています。

また、グルメやワインならではの機能として同じ商品が定期的に届く「定期便」、違う種類の商品が定期的に届く「頒布会」の機能があります。特にグルメワインにおいては頒布会が大きな魅力となっており、その購入導線をいかに設計するかは、ベルーナ様の重要なテーマとなっています。

「例えば、通常の商品と決済ページを分けるべきか、統合させるべきなど、現在も試行錯誤が続いています。お客様の反応などを見ながら最適化を図っていく上で、NeoSarf/DMによって実現した保守・メンテナンス性が大いに威力を発揮すると期待しています」と篠原氏は言います。

このようにベルーナ様は、NeoSarf/DMによって専門性の高い商品に最適なECサイトを構築しただけでなく、今後、継続的に改善し続けていける基盤も実現しました。これらの強みを発揮して、年々拡大しているEC市場においてさらに存在感を高めていく構えです。

NEC担当スタッフの声

NECソリューションイノベータ
プロダクト・エンジニアリング事業部
主任
松浦 圭佑

お客様の期待に低コスト、迅速に対応

ベルーナ様も述べておられる通り、一言でECと言っても扱う商品や販売方針などによって、最適なサイト構成や機能は異なります。NeoSarf/DMは、多種多様なECで採用され、それらのプロジェクトを通じてシステムモジュールを拡充し続けています。また、マルチテナント構造を標準で実現でき、1つの基盤上に異なるECサイトを低コスト、短納期で立ち上げることが可能です。これらのシステム面の強みと、NECが蓄積してきたノウハウを組み合わせることで、あらゆる商品分野のECに最適な基盤を提供します。

例えば、今回は検索で大きな工夫を行っています。

グルメやワインは、原産国、味・風味の特長、価格帯など、ほかの商品に比べて、検索に利用されるキーワードの種類が多いという特徴があります。従来は、それらのキーワードを商品データベースに登録して検索に対応させていましたが、ECや検索への対応を前提にしたシステムではなかったため、登録に手間がかかったり、足したいキーワードを自由に追加できない場面もあったそうです。そこでNECは、NeoSarf/DMからキーワードを付加して、検索に対応させるように提案。ECの必要な業務をEC基盤上で完結させられるようにしています。

世界的な潮流を見てもECは、今後、さらなる成長が期待される事業の1つ。NeoSarf/DMによって、お客様の求めるシステムニーズに柔軟に対応し、ECの発展に貢献していきます。

お客様プロフィール

株式会社ベルーナ

所在地 埼玉県上尾市宮本町4番2号
創業 1968年9月
従業員数 3,297名 (2020年3月期 連結)
概要 女性向けファッションやインテリア、グルメ、酒類などの通販事業を展開。また、通販事業で培った商品開発力や顧客基盤を活かして、店舗販売事業、ファイナンス事業なども手がけている。
URL new windowhttps://www.belluna.co.jp/

株式会社ベルーナ様

この事例の製品・ソリューション


本事例に関するお問い合わせはこちらから

(2021年3月15日)

関連事例

Now Loading