高性能小型レーダ衛星

ASNARO-2

2018年1月18日、内之浦宇宙空間観測所からイプシロンロケット3号機で、NECの高性能小型レーダ衛星「ASNARO-2」が打ち上げられました。
NECは今後、自然災害の監視や資源調査、船舶の監視など、さまざまなお客様のご要望に応じて「ASNARO-2」による地球観測画像を提供します。

ASNARO-2紹介動画

NECが製造したASNARO-2について、期待される利用用途や、宇宙利用サービスの高度化、NECの衛星への取り組みのほか、NECの衛星への取り組みについて動画で紹介します。

宇宙利用サービスの高度化が期待されるASNARO-2紹介動画[2:13]

関連記事

日本の宇宙政策はこの数年で大きな転換期を迎えています。
宇宙ビッグデータ時代の到来を受けた宇宙産業の取り組みについて、経済産業省 宇宙産業室長の靏田(つるた)将範氏に伺いました。

スペシャルコンテンツ
宇宙ビッグデータ時代における宇宙産業の取り組み

2017年夏、「ASNARO-2」の機体を公開しました。NECは経済産業省の助成事業として主体的に同衛星の開発を行い、今後運用します。質量570kgと軽量ながら、分解能1mという高い観測能力を持つ「ASNARO-2」についてご紹介します。

高性能小型レーダ衛星「ASNARO-2」が完成

地球を視る

太陽系を知る

宙から測る