null

サイト内の現在位置

失敗しないための製品選び、5つのチェックポイント

NIASブログ

ファイルサーバ管理のストレスを解消するために導入するファイルサーバ整理ソフトウェア。でもそのソフトウェアせいで別のストレスを溜めてしまったら本末転倒です。そうならないために、どんな点に注意して選べばいいのでしょうか?

チェックポイント1.短時間にスキャン・集計できるか

ファイルサーバに格納されたファイルを短時間にスキャンして属性情報を集計できる高速処理性能を備えているか。これがファイルサーバ整理ソフトウェアを選ぶ際の最初のチェックポイントです。

チェックポイント1

チェックポイント2.いろいろな条件でリアルタイムに分析できるか

いったんスキャンしたら、条件を変更したり複数の条件を自由に組み合わせてリアルタイムに分析し、整理対象ファイルを絞り込めること。ファイルサーバ整理ソフトウェアを選ぶ上で、極めて重要なポイントです。

チェックポイント2

チェックポイント3.様々なストレージを管理できるか

Windows ServerやNASだけでなく、EMC VNXシリーズやNetAppFASシリーズなど様々なストレージも管理できるか。導入時だけでなく、将来のシステム拡張においても重要になりますのでチェックしておきましょう。

チェックポイント3

チェックポイント4.1台の管理サーバで大容量ファイルサーバを管理できるか

1台の管理サーバでどれだけ大容量のファイルサーバを管理できるか。実運用を考える上で、見逃せないポイントです。

チェックポイント4

チェックポイント5.スモールスタートが可能か

管理するファイル容量が少ないうちは最小構成で運用でき、容量増加に合わせてシステムをスケーラブルに拡張していけること。規模の小さなお客様だけでなく、一部の部門にテスト導入して効果を検証したいお客様にとっても大切なポイントです。

チェックポイント5

ファイルサーバ統合管理ソフトウェアの選択のコツをご紹介しました。この記事を更に詳しく解説している資料は下記のアイコンからダウンロード可能です。ファイルサーバを見直したい、確実に、効率的に管理したい方、必見です。

資料請求

5つのチェックポイント他、カタログ、事例もダウンロード頂けます。ご要望の方に資料をお送りします。 

PDFファイルサーバ整理ソフトウェア5つのチェックポイント

資料を請求するリクエスト頂いた方にメールで送付します

NIASを実際に試してみませんか?

1TB分、1カ月の期間で、オプション機能も含めて全機能をお試し頂けるNIAS無償試用版を、ご提供させて頂きます。