サイト内の現在位置を表示しています。

InfoCage FileShell - クラウドサービス連携の詳細

クラウドサービスと連携し安全に社外とIRM保護したファイルを共有!

Microsoft Azure Information Protection(以降 AIP) ※旧称Azure RMS [サービス提供:マイクロソフト社]

マイクロソフト社のクラウドサービスであるAzure上でAD RMSの機能を、AIPとして提供されています。
AIPについて、new window詳しくはこちらをご覧ください。

AIPでサポートしている、「Microsoft Rights Management Sharing Application」を利用することで、タブレットやスマートフォン(iOS、Androidなど)でもIRM保護したファイルを利用できます。
さらに、AIPと連携している個人用のMicrosoft RMS(無償)を利用することで、社外の取引先の利用者はInfoCage FileShellクライアントライセンスのみでIRM保護したファイルを共有することができます。

共有ファイルの追跡機能

AIPのドキュメントの追跡と取り消し機能に対応。

  • ファイル保護を行う際、追跡に必要な情報をFileShellからAIPに登録します。
  • 保護されたファイルを利用すると、履歴がAIP上に蓄積され、ファイルの追跡・アクセスの取り消しができます。
  • 本機能の利用には、「Azure Information Protection P1」または、「Azure Information Protection P2」の契約が必要です。ActSecureクラウドセキュアファイルサービスではご利用いただけません。

資料請求/お問い合わせ

InfoCage FileShellの購入ご検討時の資料請求、
ご相談、お問い合わせ等は右のボタンより承ります。

InfoCage FileShell 関連リンク