サイト内の現在位置を表示しています。

InfoCage FileShell - 動作環境

対応プラットフォーム一覧

InfoCage FileShell V6.3クライアント

  Windows[*1]
10 11
32bit 64bit 64bit
ハードウェア CPU 1.0GHz相当以上のx86互換アーキテクチャのプロセッサ
メモリ 512MB 以上
ハードディスク インストールに120MB 以上の空き容量が必要[*2]
ネットワーク 100Mbps 以上(IPv4 のみ)
OS[*3][*4][*5] エディション Enterprise /Pro
サービスパック 2022 Update [Ver.22H2]
November 2021 Update [Ver.21H2]
LTSC 2021
LTSC 2019
2016 LTSB
2022 Update [Ver.22H2]
Ver.21H2

言語 日本語、英語、中国語(簡体字、繁体字)
必須ソフトウェア .NET Framework 4.7.2以上
[*6][*7]
RMS Client 2.1
[*8][*9][*10]
x86
x64
Visual Studio2015、
2017、2019、および
2022 用 VisualC++
再頒布可能パッケージ[*9]
x86
x64
  Windows Server
2016 2019 2022
64bit 64bit 64bit
ハードウェア CPU 1.0GHz相当以上のx86互換アーキテクチャのプロセッサ
メモリ 512MB 以上
ハードディスク インストールに120MB 以上の空き容量が必要[*2]
ネットワーク 100Mbps 以上(IPv4 のみ)
OS[*3] エディション Standard Standard Standard
サービスパック SPなし SPなし SPなし
言語 日本語、英語、中国語(簡体字、繁体字)
必須ソフトウェア .NET Framework 4.7.2以上
[*6][*7]
RMS Client 2.1
[*8][*9]
x86
x64
Visual Studio2015、
2017、2019、および
2022 用 VisualC++
再頒布可能パッケージ[*9]
x86
x64
  • [*1]
    デスクトップアプリケーションにのみ対応しています。
  • [*2]
    保護・保護解除の際には、処理対象ファイルが存在するドライブに、操作ユーザーが利用可能なディスク容量が ”[処理対象ファイルサイズ] × 2 バイト + 1GB“以上 必要です。
  • [*3]
    Microsoft 社から提供される最新セキュリティパッチを適用してください。
  • [*4]
    Microsoft Windows 10/11 のメジャーアップデートの対応状況および、注意事項については、保守サポートサービス証明書に記載の保守サポート窓口にお問い合わせください。
  • [*5]
    Windows 10 November 2021 Update (Ver.21H2)はEnterprise のみサポート対象となります。
  • [*6]
    以下のバージョンのOS をご利用の場合は、「Microsoft ダウンロードセンター」よりダウンロードする必要があります。
     ・Windows 10 2016LTSB
     ・Windows Server 2016
    上記以外の対応OS ではOS のデフォルトでインストールされています。動作に必要となるため、削除しないでください。
  • [*7]
    OS と同じ言語の.NET Framework Language Pack も必要です。
  • [*8]
    保護や保護解除にオンプレミスのAD RMS を利用する場合、Ver6.0 未満のバージョンのFileShell クライアントで保護したファイルを保護解除する場合、およびキャッシュを作成したOffice ファイルをオフラインで開く場合に必要です。
  • [*9]
    「Microsoft ダウンロードセンター」よりダウンロードする必要があります。

InfoCage FileShell V6.3 サーバ

  Windows Server
2016 2019 2022
ハードウェア CPU 2コア 1.86Ghz相当以上のx86互換アーキテクチャのプロセッサ
メモリ 4GB 以上
ハードディスク インストールに70MB 以上の空き容量が必要[*1]
ネットワーク 100Mbps 以上(IPv4 のみ)
OS[*2] エディション Standard Standard Standard
サービスパック SPなし SPなし SPなし
言語 日本語、英語、中国語(簡体字、繁体字)
必須ソフトウェア DBMS
(右記のいずれか)
[*2][*3]
Microsoft SQL Server 2022 Standard/Enterprise Edition
Microsoft SQL Server 2019 Standard/Enterprise
Microsoft SQL Server 2017 Standard/Enterprise
Microsoft SQL Server 2016 (SP3) Standard/Enterprise
Microsoft SQL Server 2014 (SP3) Standard/Business Intelligence/Enterprise
PostgreSQL 15.4
PostgreSQL 14.9
PostgreSQL 13.12
PostgreSQL 12.16
PostgreSQL 11.21
ブラウザ[*2]
(右記のいずれか)
Edge(chromium 版) 、Chrome
.NET Framework 4.7.2以上[*4][*5]
Visual Studio 2015 、
2017 、2019 、および
2022 用 Visual C++
再頒布可能パッケージ
SQL Server Native
Client (x64)[*6][*7]
psqlODBC
(PostgreSQL ODBC
ドライバ)[*8]
AIPService PowerShell
モジュール[*9]
ExchangeOnlineManagement PowerShell モジュール[*10]

Windows Updateにより最新のセキュリティパッチを適用してください。

  • [*1]
    運用時には、ポリシー数やログ量に応じた空き容量が必要です。
  • [*2]
    提供元各社から提供される最新セキュリティパッチを適用してください。
  • [*3]
    Microsoft SQL Server が提供する認証方法の内、「SQL Server 認証」のみ対応しています。
  • [*4]
    Windows Server 2016 をご利用の場合は、「Microsoft ダウンロードセンター」よりダウンロードする必要があります。それ以外の対応OS ではOS のデフォルトでインストールされています。動作に必要となるため、削除しないでください。
  • [*5]
    OS と同じ言語の.NET Framework Language Pack も必要です。
  • [*6]
    接続するSQL Serverのバージョンに合ったソフトウェアが必要です。
  • [*7]
    データベース管理システムとして、Microsoft SQL Server を使用する場合に必要です。
  • [*8]
    データベース管理システムとして、PostgreSQL を使用する場合に必要です。
  • [*9]
    FileShell でMIP を利用する場合に必要です。Windows PowerShell を利用してインストールする必要があります。
    バージョン1.0.0.2 以上を使用してください。
  • [*10]
    FileShellでMIPを利用する場合に必要です。Windows PowerShellを利用してインストールする必要があります。
    バージョン3.2.0 以上を使用してください。

InfoCage FileShell V3.2 プロテクタ for Microsoft SharePoint Server

  Windows Server
2008 R2 2012 2012 R2 2016
ハードウェア CPU 連携ソフトウェアのハードウェア要件に準じます。
メモリ
ハードディスク
ネットワーク
OS エディション Standard/
Enterprise
Standard Standard Standard
サービスパック SP1 SPなし With Update
[KB 2919355]
SPなし
言語 日本語、英語、中国語(簡体字、繁体字)
必須ソフトウェア 連携ソフトウェア(SharePoint Server) Microsoft SharePoint Server 2016 Standard/Enterprise Edition
Microsoft SharePoint Server 2013 Standard/Enterprise Edition
Microsoft SharePoint Server 2010 Standard/Enterprise Edition
※ 上記のいずれか
ブラウザ
(右記のいずれか)
IE(9.0、10.0、11.0)、Edge
Visual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ(x64)

Windows Updateにより最新のセキュリティパッチを適用してください。

InfoCage FileShell V6.3 プロテクタ for ファイルサーバ

  Windows Server
2016 2019 2022
ハードウェア CPU 2.0GHz相当以上のx86互換アーキテクチャのプロセッサ
メモリ 2 GB以上
ハードディスク インストールに40MB 以上の空き容量が必要[*2][*3]
ネットワーク 100Mbps 以上(IPv4 のみ)
OS[*1] エディション Standard Standard Standard
サービスパック SPなし SPなし SPなし
言語 日本語、英語
必須ソフトウェア InfoCage FileShell SDK[*4]
.NET Framework 4.7.2以上[*5][*6]
AIPService PowerShell
モジュール[*7]
RMS Client 2.1(x64)[*8][*9]
Visual Studio 2015 、
2017 、2019 、および
2022 用Visual C++
再頒布可能パッケージ[*9]
  Windows Storage Server
2016
ハードウェア CPU 2.0GHz相当以上のx86互換アーキテクチャのプロセッサ
メモリ 2 GB以上
ハードディスク インストールに40MB 以上の空き容量が必要[*2][*3]
ネットワーク 100Mbps 以上(IPv4 のみ)
OS[*1] エディション Standard
サービスパック SPなし
言語 日本語、英語
必須ソフトウェア InfoCage FileShell SDK[*4]
.NET Framework 4.7.2以上[*5][*6]
AIPService PowerShell
モジュール[*7]
RMS Client 2.1(x64)[*8][*9]
Visual Studio 2015 、
2017 、2019 、および
2022 用Visual C++
再頒布可能パッケージ[*9]
  • [*1]
    Microsoft 社から提供される最新セキュリティパッチを適用してください。
  • [*2]
    分類/保護の際には、処理対象ファイルが存在するドライブに、 ”[処理対象ファイルサイズ] × 2 バイト以上“ が必要です。
  • [*3]
    差分ファイル巡回適用を使用する場合、本ソフトウェアをインストールしたサーバーマシンのシステムドライブに適用対象ファイル数×1KB(ファイル10000 個あたり10MB)の空き容量が必要。
    (分類/保護するファイルのパス長が100 文字程度の場合)
  • [*4]
    本ソフトウェアのインストール時に同時にインストールされます。動作に必要となるため、アンインストールしないでください。
  • [*5]
    Windows Server 2016、およびWindows Storage Server 2016 をご利用の場合は、「Microsoft ダウンロードセンター」よりダウンロードする必要があります。それ以外の対応OS ではOS のデフォルトでインストールされています。動作に必要となるため、削除しないでください。
  • [*6]
    OS と同じ言語の.NET Framework Language Pack も必要です。
  • [*7]
    FileShell でMIP を利用する場合に必要です。Windows PowerShell を利用してインストールする必要があります。
  • [*8]
    ファイルの保護にオンプレミスのAD RMS を利用する場合に必要です。
  • [*9]
    「Microsoft ダウンロードセンター」よりダウンロードする必要があります。

InfoCage FileShell V6.3 SDK

  Windows Server
2016 2019 2022
ハードウェア CPU 2.0GHz相当以上のx86互換アーキテクチャのプロセッサ
メモリ 2GB 以上
ハードディスク インストールに40MB 以上の空き容量が必要[*2][*3]
ネットワーク 100Mbps 以上(IPv4 のみ)
OS[*1] エディション Standard Standard Standard
サービスパック SPなし SPなし SPなし
言語 日本語、英語
必須ソフトウェア[*7] .NET Framework 4.7.2[*4][*5]
Visual Studio 2015 、
2017 、2019 、および
2022 用 Visual C++
再頒布可能パッケージ[*8]
RMS Client 2.1(x64)[*6][*8]
連携可能な製品
バージョン
InfoCage FileShell クライアント V1.1、V2.0、V2.1、V3.0、V3.1、V3.2、V4.0、V4.1、V5.0、V6.0、V6.1、V6.2、V6.3
  • [*1]
    Microsoft 社から提供される最新セキュリティパッチを適用してください。
  • [*2]
    運用時には、ポリシー数やログ量に応じた空き容量が必要です。
  • [*3]
    保護の際には、処理対象ファイルが存在するドライブに、“ [処理対象ファイルサイズ] × 2 バイト以上 ” が必要です。
  • [*4]
    Windows Server 2016 をご利用の場合は、「Microsoft ダウンロードセンター」よりダウンロードしてください。Windows Server 2022 および2019 には、Microsoft .NET Framework 4.7.x がOS のデフォルトでインストールされています。動作に必要となるため、削除しないでください。
  • [*5]
    OSと同じ言語の .NET Framework Language Pack も必要です。
  • [*6]
    保護や保護解除にオンプレミスのAD RMS を利用する場合、およびVer6.0 未満のバージョンのFileShell クライアントで保護したファイルを保護解除する場合に必要です。
  • [*7]
    FileShell SDK を動作させるためには、RMS サーバー、AD サーバーの運用環境が必要です。
  • [*8]
    「Microsoft ダウンロードセンター」よりダウンロードする必要があります。

InfoCage FileShell V6.3 簡易認証連携オプション

  Windows[*2]
10 11
32bit 64bit 64bit
ハードウェア CPU 1.0GHz相当以上のx86互換アーキテクチャのプロセッサ
メモリ 512MB 以上
ハードディスク インストールに120MB 以上の空き容量が必要
ネットワーク 100Mbps 以上(IPv4 のみ)
OS[*1] エディション Enterprise/ Pro
サービスパック 2022 Update [Ver.22H2]
November 2021 Update [Ver.21H2]
LTSC 2021
LTSC 2019
2016 LTSB
2022 Update [Ver.22H2]
Ver.21H2
言語 日本語、英語、中国語(簡体字、繁体字)
必須ソフトウェア InfoCage FileShell クライアント V3.0、V3.1、V3.2、V4.0、V4.1、V5.0、V6.0、V6.1、V6.2、V6.3
  Windows Server
2016 2019 2022
64bit 64bit 64bit
ハードウェア CPU 1.0GHz相当以上のx86互換アーキテクチャのプロセッサ
メモリ 512MB 以上
ハードディスク インストールに120MB 以上の空き容量が必要
ネットワーク 100Mbps 以上(IPv4 のみ)
OS[*1] エディション Standard Standard Standard
サービスパック SPなし SPなし SPなし
言語 日本語、英語、中国語(簡体字、繁体字)
必須ソフトウェア InfoCage FileShell
クライアント
V3.0、V3.1、V3.2、V4.0、V4.1、V5.0、V6.0、V6.1、V6.2、V6.3
  • [*1]
    Microsoft 社から提供される最新セキュリティパッチを適用してください。
  • [*2]
    デスクトップアプリケーションにのみ対応しています。

InfoCage FileShell V3.2 削除申請サーバ

  Windows Server
2008 R2 2012 2012 R2 2016
ハードウェア CPU 2コア 1.86Ghz相当以上のx86互換アーキテクチャのプロセッサ
メモリ 2GB 以上
ハードディスク インストールに50MB 以上の空き容量が必要[*1]
ネットワーク 100Mbps 以上(IPv4 のみ)
OS エディション Standard/ Enterprise Standard Standard Standard
サービスパック SP1 SPなし With Update
[KB 2919355]
SPなし
言語 日本語、英語、中国語(簡体字、繁体字)
必須ソフトウェア DBMS
(右記のいずれか)
Microsoft SQL Server 2016 (SP1) Standard/Enterprise
Microsoft SQL Server 2014 (SP2) Standard/Business Intelligence/Enterprise
Microsoft SQL Server 2012 (SP3) Standard/Business Intelligence/Enterprise
Microsoft SQL Server 2008R2 (SP3) Standard/Enterprise
Microsoft SQL Server 2008 (SP4) Standard/Enterprise
ブラウザ
(右記のいずれか)
IE(9.0、10.0、11.0)、Edge
.NET Framework 4.5.2[*2]
Visual Studio 2015 の
Visual C++ 再頒布可能パッケージ(x86)

Windows Updateにより最新のセキュリティパッチを適用してください。

  • [*1]
    運用時には、ログ量に応じた空き容量が必要です。
  • [*2]
    OSと同じ言語の .NET Framework Language Pack も必要です。

InfoCage FileShell V3.2 削除リストサーバ

  Windows Server
2008 R2 2012 2012 R2 2016
ハードウェア CPU 2コア 1.86Ghz相当以上のx86互換アーキテクチャのプロセッサ
メモリ 2GB 以上
ハードディスク インストールに50MB 以上の空き容量が必要
ネットワーク 100Mbps 以上(IPv4 のみ)
OS エディション Standard/
Enterprise
Standard Standard Standard
サービスパック SP1 SPなし With Update
[KB 2919355]
SPなし
言語 日本語、英語、中国語(簡体字、繁体字)
必須ソフトウェア .NET Framework 4.5.2[*1]
Visual Studio 2015 の
Visual C++ 再頒布
可能パッケージ(x86)

Windows Updateにより最新のセキュリティパッチを適用してください。

  • [*1]
    OSと同じ言語の .NET Framework Language Pack も必要です。

FileShell Viewerアプリ

  iPhone iPad
ハードウェア 対応機種 iPhone6s以降
(Apple A9以上を搭載のiPhone)
iPad Air2以降
(Apple A8以上を搭載のiPad)
OS バージョン   iOS 13(iOS 13.xを含む) iPadOS 13(iPadOS 13.xを含む)
iOS 14(iOS 14.xを含む) iPadOS 14(iPadOS 14.xを含む)
iOS 15(iOS 15.xを含む) iPadOS 15(iPadOS 15.xを含む)
言語 日本語

ファイルサイズが100MB以上のファイルは閲覧できません。環境により100MB未満でも閲覧できない場合があります。(数MBを想定)

資料請求/お問い合わせ

InfoCage FileShellの購入ご検討時の資料請求、
ご相談、お問い合わせ等は右のボタンより承ります。

InfoCage FileShell 関連リンク