サイト内の現在位置

[特集記事]
変革リーダーが語る
~DXの深化と探索~

NewNormal時代を迎えたいま、組織や社会におけるDXの重要性はますます高まっています。しかし、DXにまだ取り組めていない、あるいは取り組みを始めたが成果が出ていない、という企業も多いのではないでしょうか? 本特集記事では、DXに先行して取り組む先進企業のキーマンや多数のDX推進経験を持つコンサルタントに、DXの最新トレンドやDXを進める上で重要となる考え方や方針について聞きました。

Index(テーマ一覧)



多くの企業がDXの実現に向けた取り組みを始めています。その取り組みの中で、さまざまな課題も見えてきています。では、先行してDXに取り組む企業は、その課題をどのように解決しているのでしょうか。日本総研、デンソー、楽天の3社から、各社のDXを推進する変革リーダーに参加いただき、ディスカッションを行いました。



New Normal社会を勝ち残ることができるのはどんな企業でしょうか?
これまでに450以上のプロジェクトを推進してきたリードコンサルタント桃谷英樹が、過去、近年、そしていま起きている変化をもとに、これからの企業が提供すべき価値を考えます。


「新しい技術」を活用すれば、「新しい価値」を実現できる。そんな風に考えたことはありませんか?
技術はあくまでもステップを上がるための「梯子」のようなもの。では、技術によって価値を実現するための ”イノベーションの種の育て方” とは?リードコンサルタント桃谷英樹へのインタビュー第二弾。技術を活用してビジネスモデルを変化させ、価値を実現する方法を考えます。



コロナ禍は様々な業界に大きなダメージを与えましたが、回復するにはどのような取り組みが必要でしょうか?
影響が最も大きいと言われる観光業では、コロナ禍でも、今後の需要回復に向けてDXを活用した新たな取り組みが始まっています。観光業において豊富な知見を持つNECのリードコンサルタント棈木琢己が、いま企業や組織に求められるアプローチを考えます。



New Normal時代における企業は、新しい時代に対応した価値を提案しなければ成功を収めることはできません。そのヒントを考える上で重要なのが新型コロナウイルスによる新常識です。どんなサービスをどのように提案することが求められるのでしょうか?デジタル戦略の策定・実装で多くの実績をもつNECのリードコンサルタント川又 健が、各国や企業の新型コロナウイルス対応事例の成功、失敗の要因から、これからのビジネスに役立つ示唆を分析します。



いま、ECの利用拡大、働き方の変化をはじめとし、人の行動が大きく変わろうとしています。このような環境下では、ビジネスの前提も大きく変わります。たとえば、モノをつくり、運んで、売る、社会の根幹を支えるサプライチェーンではどのような変革が必要となるのでしょうか?
リードコンサルタント川上 隆之に聞きました。



企業が今後も継続的に成長していく上で、デジタル社会を正しく理解することは欠かせません。特に意識が必要なのが、顧客が求める価値が大きく変わっていることです。そんな中、「DXのヒントは顧客の声の中にはない?」とは一体どういうことなのでしょうか。
ハイテク、通信、鉄鋼、医療など様々な業界においてデジタル変革の経験を持つリードコンサルタント黒田 和靖が、DXのための顧客理解、そして、必要な人材や組織づくりについて解説します。



コロナ禍を経て、ワークライフバランスに対する意識が高まったり、地方への移住を本格的に検討したりする人が増えています。
このような多様な働き方への対応は、人材マネジメントにおいて無視できない重要テーマとなりつつあります。働き方改革の領域において多くの経験をもつリードコンサルタント戸田 雅仁が、NECが実践した働き方改革と、その取り組みを通じて体系化された支援策を紹介します。



デジタル活用が進んでいるのはビジネス領域だけではありません。
行政をはじめとする社会全体でデジタル活用は大きなテーマとなっています。では、人口の減少、少子高齢化という大きな社会課題を抱える中、これからの社会や都市、私たちの暮らしはどうなっていくのでしょうか?リードコンサルタント熊谷 健彦が課題解決のアプローチや有効な技術について語ります。

お客様におけるDX実現に役立つ「かんたんDX度診断」やDX関連資料をご用意していますので、ぜひ下記よりご覧ください。また、DXに関してお困りの点、ご不明点などがございましたら「お問い合わせ」よりお気軽にご連絡ください。

関連情報

あなたの組織のDX度が分かる「かんたんDX度診断」はこちら

DX関連の資料ダウンロード、お問い合わせはこちら

資料ダウンロード・お問い合わせ