サイト内の現在位置を表示しています。

競争法遵守ポリシー

(競争他社との接触)
1. 競合他社との接触は必要不可欠な場合に限定する。

(競争他社との情報交換・合意)
2. 競合他社との間で、価格、数量、販売地域、顧客の割り当て、顧客と取引する意向(受注意欲、入札参加意欲を含む。)の有無など競合他社と競争するうえで重要な事項について情報交換や合意を行わない。

(入札関係情報の不正入手)
3. 国、地方公共団体等の顧客が行う入札に参加するにあたり、談合が容易となる顧客の秘密情報や、顧客が希望する落札者に関する情報を入手したり、その提供を顧客に要求しない。

(競合他社との接触の記録・保管)
4. 競合他社と接触した場合は、その経緯、やり取りを適正に記録し、保管する。

(販売店・ライセンシーとその取引先との取引への介入)
5. 販売店やライセンシーがその取引先と行う取引について、価格、数量、販売地域、取引先、販売方法等を不当に制約しない。

(販売店等に対する不当な差別)
6. 価格、数量、支払条件、リベート等の取引条件、販売促進キャンペーンへの参加条件等について、販売店等を不当に差別しない。

(不当廉売)
7. 採算を度外視した不当な廉価で製品やサービスを販売しない。

(優越的地位の濫用)
8. 取引上の優位な立場を利用して、資材取引先、業務委託先、販売店等に不当な条件を押しつけない。

(不当表示)
9. 営業活動や宣伝広告において事実と異なる表示・表明や、誇大または根拠のない表示・表明を行わない。

(事前相談)
10. 競争法に関して疑問に思ったり、判断に迷った場合は、直ちに公正取引推進部門に相談する。