サイト内の現在位置

NECの歩み

1899年
日本電気株式会社設立(7月17日)

NEC創設者・岩垂邦彦

岩垂邦彦(いわだれくにひこ)は、1857年福岡県に生まれ、工部大学校電信科(現・東大工学部の前身の一つ)を卒業。工部省に勤めた後、渡米し、エジソン・マシン・ワークス(現・GE社の前身の一つ)に入社。エジソンと共に働いた、数少ない日本人として知られています。
帰国後、大阪電燈(現・関西電力の前身の一つ)初代技師長を経て、1899年、42歳でウェスタン・エレクトリック社との合弁会社「日本電気株式会社」を創業。日本初の外資系企業の代表者として、事業発展を牽引しました。

1902年
総合PR誌「日本電気月報」創刊
1919年
1号大形共電式市外交換機の国産化に成功、東京中央局に納入
1922年
第9および第11工場完成、創業以来の工場建設計画を完了
1923年
関東大震災で工場の半ばが倒壊
1924年
PR・技術誌「日電月報」を創刊
1927年
A形私設自動交換機の国産第一号機を三越呉服店に納入
1928年
NE式写真電送装置(国産第一号)を完成、昭和天皇即位の大典で写真電送に成功

自主研究の成果・写真電送装置

丹羽保次郎は、現在のFAXの基礎となる独自方式の「NE式写真電送装置」を発明。1928年11月に執り行われた昭和天皇即位式の写真を、いかに早く新聞に掲載し全国の読者に報道するかを考えていた新聞社が、この写真電送装置を採用し、大成功を収めました。
当時、欧米からの技術導入が中心であった先端分野の電気技術に対し、写真電送の分野は純国産技術によって確立され、その後の日本のFAX技術の発展に大きく貢献しました。
(出典『日本の十大発明家 偉大な発明の数々』特許庁)

丹羽保次郎(発明当初の写真電送装置を前に)
1929年
局用A形自動交換機の国産化に成功
1931年
ラジオ放送機の自社製作に成功、岡山放送局に納入
1936年
玉川向工場を開設
1939年
国産テレビを試作、翌年、大阪阪急百貨店で公開実験に成功
1943年
住友通信工業株式会社に社名変更
1945年
玉川向製造所、空襲で大きな被害を受ける
1945年
社名を日本電気株式会社に復帰(11月)