ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

OBC社との連携:顔認証による入退・勤怠管理ソリューション

連携メリット

【課題】

  • IDカードを使って施設への入退室や、タイムレコーダーでの勤怠打刻を行っているが、本人以外による「なりすまし」や「貸借利用」などの不正利用が発生して困っている。
  • IDカードの再発行(忘れ・紛失・盗難)にかかる手間や時間がかかっている。
  • 社会問題化している長時間労働への対策として、従業員のサービス残業の実態を把握して抑止していきたいが、どのような仕組みを導入すればよいかわからない。

【解決】

  • 顔認証で確実に本人確認することによって、不正利用を防止し、セキュリティを強化
  • IDカードが不要になることによって、総務部門の運用管理コストを低減
  • 従業員の実残業時間を適切に管理することによって、サービス残業・長時間労働を防止

システム概要

顔認証システム(入退室機能付き)とOBC OMSS+勤怠管理サービス(就業奉行)を連携させて、
顔認証による入退室・勤怠管理ソリューションを実現します。

顔認証システム(システム概要)

連携製品

活用パターン

活用パターン① 入退室時刻の勤怠打刻

従業員ごとに1日の最初の入室時刻を「出勤時刻」、最後の退出時刻を「退勤時刻」として、勤怠管理システムに打刻します。

効果

  • IDカードが不要となり、利便性向上とセキュリティ強化、運用管理コスト削減

  • 入退情報がそのまま勤怠情報に反映されるため、勤怠打刻の手間が省ける

活用パターン② サービス残業時間のチェック

 「入退室時刻」と「出退勤時刻(本人による勤怠申請)」のかい離時間をチェックし、条件で指定した時刻以上のかい離がある勤怠データを一覧表示して確認可能。

効果

  • これまで把握できていなかったサービス残業時間を厳格に管理することが可能

  • サービス残業や長時間労働を防止し、労務管理におけるリスクを低減

SIパートナー様

三和コンピュータ株式会社様 ソリューション紹介ページへ

販売パートナー様

株式会社オービックオフィスオートメーション様 ソリューション紹介ページへ

ページの先頭へ戻る