ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 新事業創造
ここから本文です。

新事業創造

NECは「a brighter world」の実現に向けて社会課題を解決する「新事業創造」に対し組織的に取り組んでいます

事業を捉える視点の変革

注力する社会ソリューション事業において、社会価値を生み出す新事業創造をするために、これまでの技術中心の視点に加え、グローバルでの社会や顧客の課題にまで視点を広げ活動しています。

加えるべき視点「社会・文化:国民性、社会水準、社会課題、政策構造、規則変化」「産業:社会インフラ状況、業界構造、競争環境」「ビジネスプロセス:事業課題」「ICTサービス」「商品」「技術」、今までの視点「技術」「商品」「ICTサービス」

新事業創造を加速するための体制

そこで私たちは事業創造に、「リーンスタートアップ」や「デザイン思考」のプロセスを導入し、そのプロセスを推進・加速するため次のような体制を作りました。

経営者のコミットメントのもと、アクセラレーターおよびデザイナーによる新事業の加速を実行しています。

組織インフラ、組織プロセスを表す体制の図

経営者
事業創造にコミットしている経営者

事業創造人材・チーム
顧客の課題を解決することで事業をつくり上げる人々

パートナー
顧客、キーパートナー

デザイナー
MVP*をデザイン、顧客課題を発見、NECの価値構造化・ 視覚化、シナリオをデザイン支援する人々

アクセラレーター
事業創造の困難を乗り越えるため、プロセスアドバイス仮説検証設計・実行支援、社外ネットワークへのつなぎこみを支援する人々

*MVPとは、「Minimum Viable Product」の略
「検証に必要な最低限の機能を持った製品」という意味

新事業創造を加速するための取り組み

デザイナーは「客観的に社会やお客様の課題を探索」、「顧客パートナーと課題を共有してテーマを設定し」そして「素早く質の高いMVPの開発」と、デザインの力で新事業開発を推進していきます。

事業開発に取り組むデザイナーのイメージ写真

アクセラレーターは、事業創造の困難を乗り越えるため、「リーンスタートアップ」のプロセスアドバイス、仮説検証設計・実行の後押し、社外ネットワークへのつなぎこみなどを事業リーダーと一緒に進めていく役割を担い、新事業創造のためにありとあらゆる手段を構想し、実行・推進していきます。

事業開発に取り組むアクセラレーターのイメージ写真

新事業創造の場「共創型ワークショップスペース」

「共創型ワークショップスペース」は、社会価値を生み出していくために、顧客などのステークホルダと共に考え、一緒に解決策を見出していくための場です。
NEC本社の最上階に位置し、カジュアルで開放的な空間演出が随所に散りばめられ、非日常を楽しみながらセッションができる場となっており、NECの屋根裏部屋のような空間デザインとなっています。また、場の運営に当たっては、社会価値を生み出すためのNEC独自のプロセスを活用しています。

本社、共創型ワークショップスペースの写真

「共創型ワークショップスペース」は、本社・関西支社に設置されています。
事業創造のためのワークショップ・セミナー・ネットワーキングイベントなど、さまざまな用途で活用されています。

関西支社、共創型ワークショップスペースの写真

NECアイデアコンテスト「NECと創る未来のカタチ」

NECは、ICTを活用して様々な社会課題の解決を目指しています。世界の国々や地域の人々と協奏しながら、明るい暮らしと社会の実現をめざす、ブランドステートメント「Orchestrating a brighter world」のもと、様々な社会課題とその解決策を、より多くの皆さまと一緒に考えるべく「NECアイデアコンテスト」を開催します。

お問い合わせ

本ページに関するお問い合わせは、下記よりお願いいたします。

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る