ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. NEC、「2層ERP」により自社基幹システムを強化
ここから本文です。

NEC、「2層ERP」により自社基幹システムを強化

~海外グループ会社向けにクラウド型ERPソリューション「SAP® Business ByDesign」を採用~

2016年9月27日
日本電気株式会社

NECは、さらなるグローバル経営強化のため、自社の中堅・中小規模の海外グループ会社に対して、SAP社のクラウド型ERPソリューション「SAP® Business ByDesign」を用いた基幹システムを順次導入・展開します。導入第一号として、NECニュージーランド社で本年9月からシステム稼働を開始しました。

本取り組みは、本社・主要拠点に導入済のコアERP(1層目)を保持しつつ、その他拠点には柔軟性が高く短期間かつ低コストで導入可能なERP(2層目)を展開することで、グローバルでの全体最適を図る「2層ERP」の考え方に基づくものです。
これにより、各国の法制度・商習慣やビジネス環境の変化への迅速かつ柔軟な対応を可能としつつ、グループ全体の基幹システムの標準化を図ることで、ガバナンスの強化や連結経営管理のスピードアップ、基幹業務の安定運用、システム運用コストの削減などを実現します。

NECは、今回の自社での2層構造でのERP導入・展開ノウハウをモデル化し顧客企業へ提供することで、グローバル経営の高度化に貢献します。

背景

NECは、組織や会社毎に個別最適化されていた販売・経理・購買の業務プロセスを標準化すると共に、これらの業務を支える基幹システムをSAP社のERPソフト「SAP® ERP」を用いて構築し、2010年から国内外の主要グループ会社に展開しています。
今回、さらなるグローバル経営強化のため、本基幹システムを未導入の中堅・中小規模の海外グループ会社に対して、標準化した業務プロセスを適用すると共に、「SAP ERP」と親和性が高く様々な要件に柔軟に対応可能なクラウドソリューションとして「SAP Business ByDesign」を用いた基幹システムの導入・展開を決定しました。

「SAP Business ByDesign」を用いた基幹システムの特長

  1. グループ全体のガバナンス強化
    現在、中堅・中小規模の海外グループ会社が個別に導入している基幹システムを「SAP Business ByDesign」を用いて標準化し、国内外の主要グループ会社向けの「SAP ERP」を用いた基幹システムとの2層構造で運用。
    同じSAP社の製品を用いることで得られる高い親和性を活かし、経営データの連携を促進することで、経営情報の見える化や決算の早期化などのガバナンス強化に加え、地域内管理や各社でのリアルタイムな経営分析などを実現。

  2. 各国の法制度・商習慣やビジネス環境の変化への対応力を強化
    中規模拠点向けクラウドソリューションである「SAP Business ByDesign」を用いることで、各国の法制度・商習慣や新規進出・M&A・市場変動など様々なビジネス環境の変化への迅速かつ柔軟な対応を実現。
    また、将来的な事業成長にあわせて「SAP ERP」を用いた基幹システムへの移行方法論を整備。

2層構造でのERP導入・展開ノウハウをモデル化して提供

NECは、今回の自社での「SAP Business ByDesign」を用いた基幹システムの導入・展開や「SAP ERP」を用いた基幹システムとの連携・移行などに関するノウハウをモデル化し、2層ERPソリューションとして提供することで、顧客企業のグローバル経営の高度化に貢献します。
NECは、2層ERPソリューションの1層目に該当するSAP社の最新製品「SAP® S/4HANA®」に対応したERPテンプレート(注1)や、2層目に該当する「SAP Business ByDesign」を用いた導入・展開サービス(注2)を総合的に提供しています。また、グループ企業のアビームコンサルティング株式会社や、SAPパートナー企業によるグローバルなアライアンスネットワーク「United VARs」(注3)と連携したグローバルサポート体制を提供するなど、引き続き顧客企業のSAPシステムに関する様々な要望に対応していきます。
NECは、2層ERPソリューションについて、今後3年間で300拠点への販売を目指します。

NECは、リテール・物流・製造などのエンタープライズ領域において、グローバルで提供するソリューションおよびサービス「NEC Global Enterprise Solutions」の拡充を進めています。「SAP Business ByDesign」はその一つであり、今後も顧客の事業成長に貢献するソリューション・サービスを提供してまいります。

NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

以上

■SAPジャパン株式会社のコメント
SAPジャパン株式会社は、NEC様が自社SAP ERPのHANA化に続き、2層目ERPとしてSAP Business ByDesignの展開により、更なるグローバル経営基盤を強化する取り組みを歓迎します。SAP社製品を用いた2層ERPシステムの実現により、海外拠点と本社の基幹情報を統合管理し、経営スピードと透明性を同時に高めることが可能になります。今後もNEC様のプロジェクト経験を活かし、ともにお客様のイノベーションに貢献できると確信しています。

SAPジャパン株式会社 代表取締役社長  福田 譲

本事例について

NECのSAPソリューションについて

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC マーケティング・ニュービジネス本部
E-Mail:nssc-cs@sap.jp.nec.com

NECは、社会ソリューション事業を推進する
ブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、
今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する
様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
http://jpn.nec.com/profile/vision/message.html
Orchestrating a brighter world 世界の想いを、未来へつなげる。

Top of this page