サイト内の現在位置を表示しています。

ハイブリッドITソリューション -クラウド連携ファイルサーバ

Windows Server

クラウド連携ファイルサーバは、オンプレミスのWindowsファイルサーバをベースに 柔軟な容量拡張やBCP対策を実現するソリューションです。

課題

オンプレミスのファイルサーバでは、文書や画像など共有データ量の予測不能な増加によって、容量不足が問題となります。また災害などでファイルサーバ故障時にはデータ復旧が困難になります。
これらを解決する方法の1つとしてクラウドストレージがありますが、ファイル操作の不自由さやタイムラグなどの課題があります。

ファイルサーバ課題

解決するには・・・

オンプレミスのファイルサーバとクラウドストレージを組み合わせた「クラウド連携ファイルサーバ」によって、オンプレミスファイルサーバの操作性のまま、ファイル容量の拡張やBCP対策としてのファイル保全を可能にします。

クラウド連携ファイルサーバ

導入例:複数拠点のファイルサーバ統合

クラウド連携ファイルサーバの導入例

Azure File Sync 構築サービス / サポートサービス

クラウドサービス(Microsoft Azure)のファイル共有機能(Azure Files)と、オンプレミスのファイルサーバ(Windows Server)とのファイル同期機能を提供する「Azure File Sync」について、NEC では構築サービスとサポートサービスをご用意しています。 本構築サービスとサポートサービスは、NEC内の同じチームが担当しますので、構築フェーズから運用フェーズへシームレスに移行できます。

ソリューション構成

品目 製品・サービス名 NECから
Azure購入の場合
NEC以外から
Azure購入の場合
ファイルサーバ
本体
Express5800シリーズ
Azureサービス
(ライセンス等)
Azure Plus 1.1(*)
ファイルサーバ
保守サービス
PP・サポートサービス
Azure
構築サービス
Azure File Sync 構築サービス
Azure
保守サービス
PP・サポートサービス

◎:必須製品・サービス 〇:推奨製品・サービス
*NEC Cloud Service based on Microsoft Azure Plus 1.1。PP・サポートサービス相当分が含まれています。

杏林堂薬局様 クラウド連携サーバソリューション事例を公開しました。

・杏林堂薬局、オンプレミスとクラウド双方のメリットを享受できるハイブリッドなファイル共有環境を構築

PDF【事例】ハイブリッドNAS_杏林堂薬局様.pdf

ファイルサーバにiStorage NSシリーズを採用した「ハイブリッドNAS」ソリューションもご検討ください。

データの重要性が増す中、課題になってきたファイルサーバ管理(@IT Special)