サイト内の現在位置

WebSAM Automatic Message Call - バージョン別機能強化ポイント

機能強化ポイント

2022年05月17日 アップデートNEW

インシデント管理をより簡単にする新しい連携方法が追加されました。
new window詳細はこちら

ITPM連携機能

新しい連携方法として「WebSAM IT Process Management クラウド」(ITPM)との連携が追加されました。
アラート発生時に自動でITPMへのインシデント登録し、電話通報の結果が反映されるので、インシデント管理がより簡単になります。
本機能のご利用には、AMCの追加費用は不要ですが、別途ITPMのご契約が必要になります。
ご興味ございましたらぜひお気軽にご連絡ください。

画面イメージ
(参考) WebSAM IT Process Management(ITPM) とは

システム運用で起こる日々の事象をITILに基づき管理し、効率的かつセキュアな運用を実現する「SaaS型のITサービスマネジメントツール」です。
運用で必要な情報が一元化され、必要な情報を必要な人と安全に共有できるため、関係部門と効率よく効果的にコミュニケーションを行う事ができます。
WebSAM ITPMの詳細はこちら

画面イメージ
画面イメージ

メール通報個別送信機能

メール連携機能や発呼通知において、メール送信を複数の宛先に対し一つのメールで送るのではなく、分割して送ることができるようになりました。
50件を超えて送信する場合や、複数のシステム利用者に障害通知をお知らせしたいが別のアドレスを見せたくない場合などに役立ちます。
また、個別送信を設定しているときにメール送信が失敗した場合、どのアドレス宛のメール送信が失敗したのかを失敗通知およびエスカレーション履歴画面で確認することができます。

画面イメージ

2022年04月12日 アップデート

エスカレーション履歴の参照を便利にする新機能が追加されました。
new window詳細はこちら

検索条件保存機能

エスカレーション履歴一覧の検索条件を、ユーザごとにクラウドに保存することができるようになりました。
検索条件を保存しておくことで、いつでも、別の端末からでも、条件を呼び出して同じ検索を行うことができます。
いつも同じ条件で検索しエスカレーション管理を行っている場合にとても便利な機能です。

画面イメージ

2022年03月15日 アップデート

電話通報に関連する新機能追加を中心に機能強化、改善・修正を行いました。
new window詳細はこちら

自動音声での用語の読み方を指定

これまで、英数字などで構成される用語について、電話通報の自動音声で想定通りに発音されないことがありました。
本強化により、あらかじめプロジェクトで使用する用語にフリガナを登録しておくことで、読み方を指定することができます。

画面イメージ

プッシュ操作による一時静観対応

2月にアップデートした「パターン/複合パターンにマッチしたアラートの一時静観対応」について、AMCの画面を開くことなく電話通報のプッシュ操作で静観を設定できるよう強化しました。AMCの画面操作ができなくても、電話の受け手側で設定することができます。

プッシュ操作イメージ

2022年02月15日 アップデート

電話通報とパターンに関連する新機能が追加されました。
new window詳細はこちら

電話通報の発呼通知メールの件名カスタマイズ対応

電話通報が行われた際に、通報結果を関係者にメールで通知できますが、そのメールの件名をカスタマイズすることができるようになりました。
例えば、メール件名で状況が分かるように、件名にパターン名やステータスを埋め込むというような設定ができます。

画面イメージ

発呼履歴の詳細表示対応

電話通報の履歴を確認する際に、発呼開始時間、発呼終了時間、応答結果などを時系列にすべて確認することができるようになりました。
これにより、誰にいつ電話がかかり、どのような応答結果だったのかが分かりやすくなりました。

画面イメージ

パターン/複合パターンにマッチしたアラートの一時静観対応

システムのメンテナンス時やシステム障害によってアラートメールがラッシュした際に、特定のパターンに対して定義を編集することなく、シンプルな操作で日時を指定して一時的に静観することができるようになりました。
スケジュールを登録することで、メンテナンス終了後の戻し忘れを回避する事ができます。

画面イメージ

2022年01月18日 アップデート

電話通報と休日設定が改善されました。
new window詳細はこちら

電話通報の改善

  • 電話通報において、次の要員への発呼までにかかる時間を改善しました。
  • 電話通報の発呼通知メールにおいて、対応者や対応日時を記載するように改善しました。

画面イメージ

休日設定の改善

  • プロジェクト休日設定、通報グループの休日設定のカレンダーが、1年分表示できるようになりました。
  • プロジェクト休日設定がCSVでインポート/エクスポートができるようになりました。(通報グループの休日設定もすでに対応済みです。)

画面イメージ

2021年12月14日 アップデート

エスカレーション履歴一覧と通報のカスタマイズに新機能が追加されました。
new window詳細はこちら

エスカレーション履歴一覧

エスカレーション履歴一覧がより使いやすくなり、アラートメールをより簡単に管理できるように強化しています。

  • エスカレーション履歴一覧に確認・対応有無を記録する機能を追加しました。
  • エスカレーション履歴一覧の表示可能な項目を追加し、項目の表示オン・オフをカスタマイズできるようになりました。
  • メール本文の一部を抽出した項目を一覧に表示することができるようになりました。

画面イメージ
画面イメージ

通報のカスタマイズ

メール通報時のコメントや、電話通報の音声案内のカスタマイズ機能を強化しています。

  • 受信メールの本文から抽出した文字列を通報時に利用することができるようになりました。

画面イメージ
画面イメージ

2021年11月09日 アップデート

お客様からのご要望を元に新機能を追加いたしました。
new window詳細はこちら

電話通報結果の通知先を営業時間内・営業時間外で変更できるように

電話通報の発呼結果をお知らせするメールについて、今までは当該時間帯のシフト要員のメールアドレス全てに送信していましたが、 要員のメールアドレスが複数ある場合に、どのメールアドレスに発呼結果を送信するかを選択することができるようになりました。
これにより、営業時間内はPCで普段利用しているメールアドレス、営業時間外は携帯のメールアドレスで受け取るなど時間帯によって受け取るメールアドレスを変更することができます。

メール通報の通報先として通報グループを指定できるように

パターンマッチしたときのメール通報の設定に要員だけでなく、通報グループを指定することができるようになりました。
通報グループを指定することで、複数の要員へのメール通報の管理が簡単に行えます。
また、通報グループに設定されている営業時間の設定も反映されるため、営業時間内と営業時間外で通報先を変えたり、営業時間内のみメール通報することも可能です。

AMCが一定時間メールを受信していない場合にアラートメールを利用者のメールアドレスに送信できるように

AMCに一定時間メールが来ない場合に、警告をお知らせするアラートメールを送信できるようになりました。
例えば、1時間に1回メールを送るようなシステムなのにメールがAMCに届いていない場合に、管理者にアラートメールを送るというような運用を行う事が可能です。

2021年10月06日 アップデート

ユーザ管理、電話通報関連を中心に機能強化、改善・修正を行いました。
new window詳細はこちら

ユーザ管理関連

これまで事業者側で行っていた操作を、テナント管理者の方でも行えるよう強化しています。

  • テナント管理者がユーザを追加した時に送られる初期パスワードメールを再発行できるようになりました。 
  • テナント管理者が自テナントに所属しているユーザを削除できるようになりました。
  • ユーザ一覧画面で、ユーザID(メールアドレス)を表示できるようになりました。

電話通報関連

より便利に、柔軟に電話通報をお使いいただけるよう改善しています。

  • 通報グループの定義情報をインポート/エクスポートできるようになりました。
  • 営業時間内または営業時間外にだけ電話通報をするような設定ができるようになりました。
  • 電話通報の音声案内中にプッシュ操作を行うことで読み上げをスキップできるようになりました。

2021年09月07日 アップデート

お客様からのご要望を元に機能強化、改善・修正を行いました。
new window詳細はこちら

操作履歴ログをもっと見やすく、使いやすく

8月に強化した操作履歴ログの参照機能をより使いやすく改善しています。

  • 利用者が行った操作のログをCSVで出力できるようになりました。
  • 操作ログの表示において、カテゴリや操作名を分かりやすい表記に改善しました。
  • 利用者が行った操作のログ検索で検索条件を追加しました。

電話通報カスタマイズで、ノードの読み上げ方を指定できるように

アルファベットを含むノードを読み上げる際などに役立ちます。

  • メール通報と電話通報時の内容に使えるマクロにノード表示名を追加しました。

プロジェクト名やノード名などをVer1.0環境と同じ入力ができるように

Ver1.0環境では使えた文字が、Ver2.0環境で使えなくなっていた問題を修正しています。

  • 要員名、プロジェクト名、通報グループ名、シフト名のカナ入力の項目において、全角スペースが入力できない問題を修正しました。
  • ノード定義において、ノード名にハイフンとアンダースコアが使用できない問題を修正しました。
  • プロジェクトのWebhook設定において、カスタムパラメータの値に半角スペースが入力できない問題を修正しました。

2021年08月03日 アップデート

セキュリティ面を中心に機能強化を行いました。
new window詳細はこちら

二段階認証機能

ログイン認証でセキュリティレベルを上げるために二段階認証(TOTP※)に対応しました。

画面イメージ

操作履歴機能

ユーザが行った操作の履歴を記録し、一覧で確認することができるようになりました。日々の運用状況の把握に役立ちます。

画面イメージ

アクション(通報)失敗時の通知機能

アクション(通報)が失敗したときに、プロジェクト管理者宛にメールでお知らせすることができるようになりました。

画面イメージ

2021年07月16日 バージョンアップ

WebSAM Automatic Message Call Ver2.0をリリースいたしました。
従来よりもシンプルで使いやすい仕様に改善し、新しい機能も追加いたしました。

UI刷新

WebSAM Automatic Message Call Ver1.0からUIを大幅に刷新。よりシンプルで使いやすく改善しました。

画面イメージ

アクション機能の拡張

パターンマッチング後のアクション機能として、Webhook実行、HTTPリクエスト実行を新規に追加。他製品/他サービスとの連携が可能になりました。

画面イメージ

定義情報のインポート/エクスポート

CSV形式での定義情報インポート・エクスポート機能を提供。定義の一括登録/編集を効率的にできるようになりました。

画面イメージ

シミュレーション機能

CSV形式のテストデータをインポートするだけで、どのパターンにマッチするかを確認できるようになりました。実際にアラートメールを送る必要がないため、評価工数を削減できます。

画面イメージ

電話通報内容のカスタマイズ機能

アラートメール件名やAMCの定義情報を電話通報時の自動音声内容で引用可能になりました。

画面イメージ