ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ソリューション・サービス > 事例紹介 > 株式会社アツミテック様

資料請求・お問い合わせ

ページ共通メニューここまで。

写真1

株式会社アツミテック
取締役
豊田 光次 氏

NECは提案の段階から、実運用のイメージがしやすく 経験が豊富だというのが分かり、安心感がありました。 また、統合受注管理は他社にはない提案でした。

写真2

株式会社アツミテック
管理部
情報システムBL
BLリーダー
松岡 栄 氏

余剰在庫によるコスト負担や業務効率悪化を改善するため、その原因と責任を明確にするためのシステムが必要でした。

写真3

株式会社アツミテック
開発部
技術管理BL
技術主任
伊藤 敏次 氏

旧システムのサポート切れが迫っており、短期間で立ち上げなければならず、無理なお願いもあったと思うのですが、よく対応してくれました。


導入の背景

老朽化したシステムが、業務プロセス見直しのネックになっていた

  着任早々、システムの見直しを担当することになった株式会社アツミテック 管理部 情報システムブロック(以下、「BL」と略す。) BLリーダー 松岡 栄氏は今回のシステム導入の背景について次のように語ります。

  「システムを刷新したきっかけは大きく2つあります。ひとつは業務プロセスの中で実績をデータとして残す文化が当社になかったことです。例えば当時、帳簿在庫と実在庫の差が大きかったのですが、その原因を分析し、改善につなげる仕組みがありませんでした。もうひとつは、システムの老朽化です。20年以上前につくられたシステムを使い続けていたため、仕組みを変えようにもプログラムのソースコードがよく分からずカスタマイズできない、過去のデータを吸い出そうにもシステムの中身が見えないため手を出せないという状況でした。そこでシステムを刷新するとともに業務プロセスも見直そうということになったのです。」

写真アツミテック様主力製品:(左より)コントロールシャフト、プーリー、プレスフォーク

導入の経緯

社内の意識改革、見える化を実現するために最適なシステム導入を検討

  「私がシステムを担当することになって最初に感じたことは、当たり前のことが当たり前にできていないということでした。当時は各工程でそれぞれの部門が余分に在庫をもっておくことで、受注と生産の間に誤差が生じたときにも対応できるようにしていました。それは慢性的に余剰在庫を抱え、コスト負担や業務効率を悪化させる原因となっていたのです。

  さらに問題だったのは受注と生産の間に差が生じても誰も困らず、何が原因かが見えなかったことです。差が生じることを問題と捉え、その原因と責任を明確にする必要がありました」(松岡氏)。アツミテック様は複数の会社のソリューションを比較、検討。その結果、受注から生産までを正確かつスムーズに連携でき、さらに在庫や現場の進捗を見える化できるEXPLANNER/JaとObbligato IIの導入を決定しました。

システム概要

統合受注管理と部品表を核とした見える化で、業務の効率化、迅速化、柔軟な対応を実現

  「新たなシステムの構築において重視したのは、リアルタイムでの進捗管理と在庫の見える化です。そこで部品表を中核としたマスターをつくって精度の高い基準情報をつくり、受注から生産管理までを正確かつ柔軟にコントロールできるようにしました」と松岡氏。EXPLANNER/Jaは統合受注管理という概念に基づき、取引先ごとに異なる受注情報の一元化、内示・確定情報の一元化を行い生産計画へと情報を連携するので、変動した受注にもとづいた計画の見直しを柔軟かつ迅速にできるようになりました。また、Obbligato IIとの連携により正確な部品表に基づきコントロールができるので、進捗の見える化や部品、製品のトレーサビリティも実現しています。

図システム全体イメージ

新しいウィンドウを開きます。図を拡大する

導入の成果と今後の展望

部品表ベースでのコントロールのさらなる徹底とグローバルな展開

  今回のシステム導入について、取締役の豊田 光次 氏は語ります。

  「EXPLANNER/Jaのパッケージの機能と、自動車部品業界での実績が豊富なNECグループのSI力を活かした柔軟なカスタマイズの組み合わせにより、低コストかつ短期間で導入することができました。提案をもらったときから導入のイメージが分かりやすかったため、スムーズにシステムを移行することができました。」

  さらに今後の課題や展望について開発部 技術管理BL 技術主任 伊藤 敏次氏は続けて語ります。

  「まだ過去のやり方が残っている部分もあるので、今後は部品表によるコントロールをより徹底していきたいと思います。さらに設計・計画は国内、生産は海外といったグローバルな体制での活用も視野に入れています。今回の新しいシステムはWeb上で動くので、海外にも展開しやすいと思います。NECには海外での導入実績を踏まえた提案を今後も期待しています。」

株式会社アツミテック様が導入された製品・ソリューション


お客様プロフィール

株式会社アツミテック

本社住所 静岡県浜松市西区雄踏町宇布見 7111
設立 1949年4月15日
資本金 3億1千万円
従業員数 846名(正規従業員479名)[2011年3月現在]
主な事業 四輪車・二輪車・汎用機のチェンジコントロールシステム及びエンジン機能部品の開発・製造・販売
URL http://www.atsumitec.co.jp/


<<事例概要ページへ


1 | 2

(2012年3月9日)

※カタログをご希望の場合は対象製品名と必要部数をお知らせください。

※本事例に関するお問い合わせは下記お問い合わせボタンからお願いします。
お客様への直接のお問い合わせはご遠慮下さい。

資料請求・お問い合わせ

類似事例はこちら

類似事例

2010年9月29日
EXPLANNER/Ja

新たな製造会社の起ち上げにあたり、ものづくりの高度化を図り、それを支える基幹システムを短期間で構築。


類似事例

2009年10月23日
EXPLANNER/Ja

『統合受注管理機能』を軸とする情報連携により、モノづくりのプロセス全体を見える化。リードタイム短縮、適正在庫、納期遵守率向上を実現

ページの先頭へ戻る


Copyright NEC Corporation. All rights reserved.