よくあるご質問と回答

お客様から寄せられることの多い質問をピックアップして、以下にお答えしております。

Q1製品購入後にサービスだけ後から買い足すことはできますか?
A1

いいえ。本サービスはBTOセレクションメニューのみの提供となります。本サービス単品ではご購入いただけません。

ご質問の一覧へ戻る

Q2オプション製品は保証対象に含まれるのでしょうか?
A2

スマートセレクションメニュー、フリーセレクションメニューでPC本体と同時に購入された構成オプション製品及び標準添付のマウス、キーボードが保証対象となります。ただし、外付けディスプレイは延長保証の対象となりますが、動産総合保険は対象外となります。

ご質問の一覧へ戻る

Q3サービスを受けるにはどうすれば良いのでしょうか?
A3

購入いただいて、故障の際には保証書、購入日、購入価格を証明する書類を準備の上「NECビジネスPC修理受付センター」もしくは「121コンタクトセンター」にご連絡ください。

ご質問の一覧へ戻る

Q4購入価格を証明する書類にはどんな書類が必要ですか?
A4

購入元から発行された、対象機器1台毎の購入金額が記載された領収書や見積書をご用意ください。
お手持ちの領収書や見積書で1台毎の購入金額が明らかにならない場合は、販売元に依頼して1台毎の購入金額が分かる書面を入手してください。

ご質問の一覧へ戻る

Q5火災により装置も保証書等も完全に焼失してしまった場合でも、装置交換してもらえますか?
A5

現物が確認できない場合は保証の対象にはなりません。

ご質問の一覧へ戻る

Q6地震による損害は補償されますか?
A6

地震による障害は対象外です。

ご質問の一覧へ戻る

Q7過失・不注意による損害はサービスの対象になりますか?
A7

はい。お客様の過失による損害もサービスの対象となります。ただし、次の場合は対象にはなりません。

  • サービス対象機器の操作ミスに起因する電気的機械的事故(各種端子を左右逆に差し込んだことによる故障等)
  • 限りなく故意に近いと思われる重過失
  • 紛失、置き忘れ

ご質問の一覧へ戻る

Q8サービス有効期間内であれば何回でもサービスを利用できますか?
A8

はい。サービス利用回数に制限はありません。

ご質問の一覧へ戻る

Q9サービス上限金額はどのように決まりますか?
A9

1年目:購入金額まで、ただし購入価格を証明する資料が無い場合は90,000円まで。
2年目:購入金額の82%まで、ただし購入価格を証明する資料が無い場合は74,000円まで。
3年目:購入金額の64%まで、ただし購入価格を証明する資料が無い場合は58,000円まで。
4年目:購入金額の50%まで、ただし購入価格を証明する資料が無い場合は45,000円まで。
5年目:購入金額の45%まで、ただし購入価格を証明する資料が無い場合は40,500円まで。

ご質問の一覧へ戻る

Q10サービス上限金額は1回の修理にかかる金額についての上限ですか?
A10

はい。1回ごとの保証上限金額です。上限金額を超えた分については、お客様のご負担となります。

ご質問の一覧へ戻る

Q111回の修理にかかる金額がサービスの上限金額を超過した場合、サービスは利用できないのですか?
A11

本サービスをご利用いただく際の修理金額がサービス上限金額を超過する場合は、超過した金額をお客様に請求致します。

ご質問の一覧へ戻る

Q12装置交換になる場合、梱包箱や付属品などもすべて交換になるのですか?
A12

PC本体だけではなく梱包箱、添付品も含め当社指定の完全な商品と交換になります。

ご質問の一覧へ戻る

Q13付属品等が欠品している場合は装置交換してもらえないこともありますか?
A13

欠品がある場合は装置交換ができない場合があります。

ご質問の一覧へ戻る

Q14装置交換になる場合、ユーザ設定やデータの移行などは行ってもらえますか?
A14

お客様ご自身で対応お願いします。

ご質問の一覧へ戻る

Q15保証終了後も継続して保証を受けたい場合はどうすれば良いのでしょうか?
A15

標準保証拡張G6(動産総合保険付)または、標準保証拡張G6(動産総合保険付)(ディスク返却不要サービス付)の保証期間を延長する製品は定義しておりません。

ご質問の一覧へ戻る

Q16購入した商品が標準保証拡張G6(動産総合保険付)モデルなのかどうか確認したいのですが?
A16

構成コード(保証書及び装置銘板に記載の20桁の文字列)にて見分けることが可能です。PC本体型番検索に構成コードを入力し、検索願います。
PCのご利用開始前にご確認お願い申し上げます。

Mate、Mate J
20桁目が「R」、「S」または「T」の場合。
20桁目が「U」、「V」または「W」の場合はディスク返却不要サービス付。

VersaPro、VersaPro J
19桁目が「L」、「M」または「N」の場合。
19桁目が「1」、「2」または「3」の場合はディスク返却不要サービス付。

ご質問の一覧へ戻る

Q17標準保証拡張G6(動産総合保険付)または、標準保証拡張G6(動産総合保険付)(ディスク返却不要サービス付)が選択できるPCの機種は?
A17

2022年10月以降に発表されたMate/Mate J 、VersaPro/VersaPro Jとなります。

ご質問の一覧へ戻る

お問い合わせ