サイト内の現在位置

PostgreSQL

サポート対象環境

PostgreSQL保守サポートサービスでサポート対象となるPostgreSQLのバージョンや、
プラットフォーム、クラスタソフトの情報を掲載します。

 

サポート対象PostgreSQL

PostgreSQL保守サポートサービスで対象となるPostgreSQLのバージョンは次の通りです。

Linux

PostgreSQL
対象バージョン
13、12、11、10、9.6
導入方法 ・開発コミュニティ※が提供するソースを改変せずにコンパイル
・開発コミュニティ※が提供するRPM
・ Linuxディストリビュータが提供するRPM
API 次のAPIからアクセスされるPostgreSQLサーバをサポート対象とします。
  • ・libpq
  • ・JDBC
  • ・ODBC
  • ・埋め込みSQL(ecpg)
  • ・PHP・PEAR

Windows

PostgreSQL
対象バージョン
13、12、11、10、9.6
導入方法 開発コミュニティ※が提供するインストール媒体
API 次のAPIからアクセスされるPostgreSQLサーバをサポート対象とします。
  • ・libpq
  • ・JDBC
  • ・ODBC
  • ・埋め込みSQL(ecpg)
  • ・Npgsql
  • ・PHP・PEAR
  • The PostgreSQL Global Development Group

サポート対象プラットフォーム

PostgreSQL保守サポートサービスで対象となるプラットフォームは次の通りです。

下記のプラットフォーム以外、あるいは指定導入方法でのPostgreSQLパッケージ以外でPostgreSQL保守サポートサービスの利用をご希望される場合は、ご相談ください。

Linux

サポート対象ハードウェア
NEC Expressシリーズ、NX7700シリーズ

Linuxディストリビューションとバージョンは次の通りです。

ディストリビューション バージョン PostgreSQL
13 12 11 10 9.6
RedHat Enterprise Linux

×
7

Windows

サービス対象ハードウェア
NEC Express5800シリーズ

対象となるWindowsサーバのバージョンは以下の通りです。

OS バージョン PostgreSQL
13 12 11 10 9.6
Microsoft Windows Server 2019

× ×
Microsoft Windows Server 2016

Microsoft Windows Server 2012 (R2含む)

×

×

サポート対象クラスタソフト

PostgreSQL保守サポートサービスでは、次のクラスタソフトを使用しているクラスタ環境をサポートします。なお、CLUSTERPRO Xでサポート対象となるPostgreSQLのバージョンは、下記のCLUSTERPRO XのWebサイトをご確認ください。

Linux、Windows

ソフトウェア名 バージョン 対応状況
CLUSTERPRO X 2.0以降 ○(※)
  • CLUSTERPROのPP・サポートサービスに加入いただいている必要があります。

CLUSTERPRO X ダウンロードページ
          -  CLUSTERPROの対象バージョン、対象OSのドキュメントの一覧
             -  スタートアップガイド
               -  ドキュメント内の「監視オプションの動作確認済アプリケーション情報」から
                   監視対象PostgreSQLのバージョンを確認できます。