サイト内の現在位置

コロナ対策として再注目のQRコード決済!「NECモバイルPOS」+「StarPay」連携でスマートな会計を実現

iPadで動くタブレットPOSレジ - NECモバイルPOS

2020年6月 公開

はじめに

緊急事態宣言の解除後も、新型コロナウイルス対策の徹底は店舗事業者にとって重要な経営課題となっています。

こうしたなか、その一環としてQRコード決済が再注目されていることをご存知でしょうか?

本コラムでは、新型コロナウイルス対策としてQRコード決済が再注目されている理由を解説します。さらに、スマートな会計の実現につながる「『NECモバイルPOS』とマルチQRコード決済ゲートウェイ『StarPay』との連携」について紹介します。

コロナ対策として、なぜQRコード決済が再注目されているのか?

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、店舗事業者は様々な対策を講じています。多岐にわたる店舗業務の中でも、不特定多数が手にする現金の受け渡しをともなう会計は、店舗事業者が特に神経を使う業務です。そのため、現金受け渡しにともなう感染リスクを低減する非接触型決済を導入・検討している店舗事業者が少なくありません。

非接触型決済と聞いて、真っ先にクレジットカード決済を思い浮かべた方が多いのではないでしょうか?しかし、クレジットカード決済は、完全な非接触型決済とは言えません。決済時にクレジットカードの受け渡しや、顧客側での読み取り端末の操作(クレジットカードを挿す、暗証番号を入力するなど)が必要になるからです。

その点、QRコード決済は、スマートフォンやバーコードリーダーでQRコードを読み取って決済するので、カードなどモノの受け渡しや、不特定多数のお客様が利用する端末の操作が発生しません。そのため、新型コロナウイルスの感染リスクの低減につながるとして、再注目されているのです。

決済ブランド自動識別・一括管理でQRコード決済を手間なく利用可能な「StarPay」

「複数の決済ブランドを契約しているので、会計時に手間がかかる上に管理が面倒…」

「手作業で2度打ちしなければならず金額の打ち間違いが多いので、レジ締め作業に時間がかかる…」

QRコード決済は、新型コロナウイルス対策となり得るものの、実際に導入した店舗事業者からは上記のような声も…。これでは、会計業務やレジ締め業務の効率が低下してしまいます。

しかし、ネットスターズの「StarPay」なら、新型コロナウイルス対策の徹底と店舗業務の効率化を両立することが可能です。「StarPay」は、クレジットカードのように読み取り端末を必要とせず、お客様がスマートフォン上に表示したQRコードをスキャナーで読み取るだけで、決済ブランドを自動識別して決済を完了できるマルチQRコード決済ゲートウェイです。

「StarPay」の3つの特長

特長1.決済ブランドの自動識別

お客様側のQRコードを読み取るだけで、瞬時に決済ブランドを自動識別します。会計のたびにレジを操作して決済ブランドを選択する必要はありません。そのため、QRコード決済導入にともなう会計業務の繁雑化を防いで、スピーディーかつ正確な会計を実現することができます。

特長2.複数の決済ブランドを一括契約・一括管理

主要なQRコード決済ブランドをまとめて導入できます。専用の管理画面から、自社全体、店舗ごと、そして決済ブランドごとに、リアルタイムで売上を分析できるので、日々の売り上げ管理の手間を大幅に減らすことができます。

特長3.万全なアフターフォロー

24時間365日対応のヘルプデスクを開設しているので、導入後も安心してご利用いただけます。

「NECモバイルPOS」+「StarPay」で、会計をよりスマートに

「StarPay」は、「NECモバイルPOS」と連携して利用することで、さらに、会計業務をスマートにすることが可能です。その理由は次のとおりです。

理由1.スキャナー不要で決済もラクに

「NECモバイルPOS」は、NECが20年以上のPOSレジ開発・製造で培ったノウハウを盛り込んだクラウド型のタブレットPOSレジです。iPadをレジとして利用できるので、レジ周りの場所を取らずに導入できます。

「NECモバイルPOS」と「StarPay」を連携すると、POSレジとして利用しているiPadのカメラ機能で、お客様のQRコードを読み取ることができるようになります。そのため、「StarPay」のQRコードを読み取るスキャナーを、別に用意する必要はありません。

繰り返しになりますが、読み取り時に決済ブランドを自動識別するのでレジ操作が不要。「NECモバイルPOS」側に各ブランドのボタンを追加する必要もありません。

理由2.2度打ちが不要

「StarPay」と連携していないPOSレジを利用する場合、QRコード決済時には「StarPay」の端末とPOSレジの両方に会計金額を入力する必要があります。このような2度打ちが発生すると、会計金額の打ち間違いが生じてしまいがちです。そのため、レジ締め作業に時間がかかってしまうということがよくあります。

一方で、「StarPay」と「NECモバイルPOS」を連携すると、「StarPay」で入力された会計金額が「NECモバイルPOS」に自動連携されます。そのため、2度打ちが不要となり、打ち間違いを防いでレジ締めの手間を減らすことができます。また、スピーディーな会計につながり、お客様をお待たせすることがなくなります。

理由3.導入サポートがしっかりしている

NECでは、「NECモバイルPOS」導入にあたって、事前の導入計画から店舗事業者様をサポートしています。また、追加費用なしで、「出張教育サービス」や「サービスイン立ち会い」といった導入・運用サービスも提供しています。多店舗展開している事業者様については、短期間での導入完了を目指して導入体制を立案・構築することも可能です。

  • 「StarPay」の導入・運用に関わるサポートは、ネットスターズのサポートメニューに応じて同社が行います

そのほかにも、「NECモバイルPOS」には、「強力な展開サポート」「高い操作性と豊富な機能」「導入後の手厚いサポート」といった特長があります。

新型コロナウイルス対策の一環としてQRコード決済の導入を検討中の方は、「NECモバイルPOS」+「StarPay」について、お気軽にお問い合わせください。


関連コラム/関連事例


お問い合わせ