MCメールフィルター <機能一覧>

メールセキュリティ対策製品 MCメールフィルター(Mission Critical Mail Filter)

機能一覧

メールセキュリティ対策基本製品、オプション製品、連携製品で提供しております機能の一覧です。 「製品」欄には、必要なオプション製品や連携製品を掲載しています。

機能 説明 製品
出口対策(誤送信防止)
自己承認 LDAPの情報により、個人の属性や組織に応じた制御が可能です。また、件名に応じて機能の利用有無を制御することも可能です。  
上司承認  
上司CC  
上司BCC  
ZIP暗号化  
入口対策(攻撃対策)
スパム対策 日本国内の大手ISP(インターネットサービスプロバイダ)の過半数が採用しているCloudmark社のエンジンを採用し、Office365でスパムが減らないなどセキュリティ強化に有効です。
世界150ヶ国以上、数十億以上という圧倒的な数の情報ソースをもとに、最新の脅威も最初の攻撃の数分以内に攻撃の伝搬をブロックすることが可能です。
詳細はこちら >
*1
*3
ウイルス対策 トレンドマイクロ社/McAfee社のどちらか、もしくは両方のエンジンを非常に安価にご利用することが可能です。
詳細はこちら >
*2
IPレピュテーション メールの送信元のIPアドレスの評判を評価し、迷惑メール(スパム)の送信元からの受信を制限するすることが可能です。
詳細はこちら >
*1
*3
パスワード付きZIPファイル内の内容検査 日本国内で多用されるパスワード付きZIPファイルも、添付ファイルのパスワードを解除し検査することが可能です。(2018年10月 NEC調べ)
また、パスワードを解除したファイルを配送することにより、他のサンドボックスゲートウェイ製品や他のウイルス対策ゲートウェイ製品で検査することも可能となります。
 
アドレスリスト攻撃対策 大量に自動生成されたメールアドレスが特定ドメインに送信されたと思われるメールを識別し、送信元のサーバやメールアドレスに対して遅延応答や受信制限を行うことが可能です。
詳細はこちら >
*1
DoS攻撃対策 特定のメールアドレスに大量のメールを送信することでメールサーバ機能不全にするメール攻撃を防ぐことが可能です。
詳細はこちら >
*1
DHA対策 特定のドメインに大量のスパムを送り付け、あて先不明で返信されなかったアドレスは実在のアドレスとみなし、スパム業者などが有効なメールアドレスを収集する攻撃に対して対策を行うことが可能です。  
バックスキャッター対策 メールの送信者(From)や返信先(Reply-to)の情報を偽装してスパムメールを送信し、返信されるバウンスメールを利用する攻撃に対して対策を行うことが可能です。  
隔離画面(ユーザ) エンベロープ情報が表示されるので詐称、なりすましの判断を簡単に行えます。
添付ファイルを含むメールの構造表示にも対応しており、危険な添付ファイルを開かずにZIPファイルの中のファイル構成も確認することが可能です。
 
隔離画面(管理者) エンベロープ情報が表示されるので詐称、なりすましの判断を簡単に行えます。
添付ファイルを含むメールの構造表示にも対応しており、危険な添付ファイルを開かずにZIPファイルの中のファイル構成も確認することが可能です。
プライバシーに配慮し、メールの本文は管理者では確認できないようにすることも可能です。
 
ホワイトリスト
ブラックリスト
手入力することなく、隔離画面から1クリックするだけでホワイトリストへの追加が可能です。  
なりすまし対策(送信ドメイン認証) 業界標準のSPF/DKIM/DMARCに加え、SenderIDにも対応しています。
入口対策の詳細はこちら >
なりすまし対策の詳細はこちら >
*1
*4
インタラクションチェック機能(送信ドメイン認証回避攻撃対策) 送信ドメイン認証では検知できない近似ドメイン、類似ドメインからの攻撃の検知が可能です。例えば、microsoft-××××.comなど攻撃者が新規に用意した関係会社を誤認させる名前のドメインからの攻撃を検知し、利用者に気づきを与えることが可能となります。
入口対策の詳細はこちら >
なりすまし対策の詳細はこちら >
*1
*4
メール経路暗号化(STARTTLS) 相手サーバがTLSをサポートしていない場合には平文で送信することが可能です。さらに、相手サーバがTLSサポートを応答したにもかかわらず、相手の暗号スイートが古かったり、証明書が失効していたり、TLSのバージョンが古い場合にも、平文で配送し配送不能にならないようにすることが可能です。  
メール無害化(実行ファイル削除) 特定条件のメールについて、添付ファイルに実行ファイルが含まれる場合削除して配送することが可能です。
詳細はこちら >
 
メール無害化(HTMLメールテキスト化) 特定条件のHTMLメールについて、テキスト化して配送することが可能です。
詳細はこちら >
 
メール無害化(URL無効化) 特定条件のメールについて、URLを無効化して配送することが可能です。
詳細はこちら >
 
メール無害化(PDF変換) 特定条件のメールの添付ファイルをPDF化して配送することが可能です。
詳細はこちら >
*7
メール無害化(マクロ除去) 特定条件のメールの添付ファイルをFile Sanitization Serverと連携することでマクロのみ除去して配送することが可能です。
詳細はこちら >
*6
悪性URLをWEBフィルターに登録 標的型攻撃メール中のURLをWebフィルター(ALSI社 InterSafe WebFilter)へ登録し、悪意のあるメール中のURLをWEBフィルターでブロックすることが可能です。
詳細はこちら >
*8
フィッシングサイト検出 148種のカテゴリ、48億超のコンテンツを網羅する国内最大手ALSI社と連携し、攻撃を検出するのではなく、WEBサイトのカテゴリ分類データベースと照合することで攻撃者が新しく用意したURLからの防御が可能です。 要相談
不正中継対策 中継許可ネットワーク指定、SMTP認証することが可能です。  
Box連携
Box連携 特定条件のメールの添付ファイルをBox上に格納することが可能です。また、必要に応じて件名に応じてBoxへの格納方法や格納先などを制御することも可能です。
詳細はこちら >
*5
フィルタ制御
次ルールへスキップ 一時的にルールを動作しないようにするなどの設定を行うことができるためフィルタ制御の評価などを簡単に行うことが可能です。  
ルールの有効・無効  
フィルタ条件 ※差出人など一般的な項目は割愛しています。
ヘッダー情報(TO、CC、Subject等) 正規表現での条件指定を行うことが可能です。さらに、LDAPの情報を元にした条件指定を行うことで組織や人の属性に応じたきめ細かな制御も可能です。  
ユーザ情報(マクロ指定)  
添付ファイル有無  
ウイルス対策判定結果 ウイルスの有無の条件での制御が可能です。
詳細はこちら >
*2
なりすまし判定結果 なりすましの判定結果での制御が可能です。Pass、Fail、SoftFail、Neutral、tempError、permerror、noneなどグレーな判定を含めたスコアに応じたきめ細かな制御も可能です。
入口対策の詳細はこちら >
なりすまし対策の詳細はこちら >
*1
*4
スパム対策判定結果 スパムのスコアに応じた制御が可能です。
詳細はこちら >
*1
*3
フィルタアクション ※拒否・配送など一般的な項目は割愛しています。
エンベロープの分割 同報された宛先ごとに異なる処理やマクロによる置換、正規表現の指定などが可能です。  
アドレス変更/追加/削除  
ヘッダ変更/追加/削除  
フレーズ削除  
タイトル挿入  
本文文言挿入  
本文文字列置換  
アドレス変換
ドメイン変換 送信時、受信時、特定システムからのメールなど、特定条件のメールを対象とするこが可能です。  
アドレス変換  
署名制御
SMIME署名の削除 メール加工時に無効になる署名を自動的に削除することが可能です。  
ActiveDirectory連携/LDAP連携
認証 LDAPに登録されたユーザ情報を利用するしたり、有効な実在するメールアドレスかどうかのチェックを行うことが可能です。また、隔離画面へのSSO(シングルサインオン)でのアクセスが可能です。  
フィルタ処理からの参照 ActiveDirectoryやLDAPの情報を元にフィルタリングの設定が可能です。  
配送管理
MTAの複製/MTA毎の配送制御 宛先単位にメールを分割して個別に処理を行ったり、送信時/受信時の処理を分けたり、特定システムからのメールの処理を分けたりと、通常ではサーバを分けなければならないような処理を1台で行うことが可能です。