サイト内の現在位置

Microsoft 365 インターネット障害発生時の業務継続を支援

Microsoft 365

インターネット障害発生によって Microsoft 365 が利用できない状況の間、重要/優先度の高い業務のメール参照/送信などにより応急的に業務を継続できます。
お客様のビジネス継続を支援します。

インターネット障害発生時による事業リスク

もし、インターネット障害が起こったら・・・(想像図)

・インターネット障害発生で Microsoft 365 の業務メールに アクセス不可、業務が停止
・業務再開はインターネット障害の復旧待ち。いつ復旧するか目途も立たない

企業経営へ大きな影響 困難な事業継続
関連企業との取引停止、
営業機会損失が発生
業務メールは参照不可。企業活動が停滞。
記憶に頼った不確実な業務遂行は作業ミスのリスクあり

重要な業務は「応急対応」で事業リスクを回避

 重要な業務は「応急対応」で事業リスクを回避

本ソリューションの提供機能

課題:インターネット障害発生!Microsoft 365 にアクセスできない!→解決:EV.cloudにアーカイブされたメールを利用して業務継続

Exchange Online
インターネット障害などにより、Microsoft 365 のサービスが利用できないような場合、クラウドサービス Enterprise Vault.cloud (EV.cloud) にWebブラウザから接続できれば、Microsoft 365 からアーカイブされた業務メールを利用して業務を継続できます。(メール参照・返信・新規送信が可能)

Exchange Online のアーカイブメールを参照して業務利用 

  • ブラウザからクラウドサービスの EV.cloud へ接続し、Microsoft 365 からアーカイブされているメールメッセージを参照、返信、転送、新規メッセージ送信、検索、添付ファイルのダウンロードができます。

平常時にメールアーカイブして、Office365の障害発生時でも事業継続

EV.cloud による Microsoft 365 メールの保全

Exchange Online メールの送受信(ジャーナル)を EV.cloud へ転送・保全します。

インターネット障害/Microsoft 365 障害発生時に Exchange Online が利用できない状況でも業務を継続

  • Microsoft 365 に接続できない状況でも、ブラウザから EV.cloud へ接続できれば、メールメッセージの参照/返信/転送/検索/新規送信/添付ファイルDLが可能

アカウント削除後も、メール参照可能

  • Microsoft 365 のアカウント削除後も EV.cloud へアクセスして、アーカイブ済みメールメッセージを参照可能

メールボックス肥大化を回避/低コストで長期保管

  • アーカイブするメールボックスを指定可能
  • 容量無制限で保管

顧客からのクレーム対応/分析に活用

  • 顧客からのクレーム対策に、証拠となるメールを保存

社内犯行の証拠保全/不正抑止

  • ジャーナルを EV.cloud が保持。一般ユーザはジャーナルにアクセス不可。犯行に関わるメールを削除して証拠隠滅を図っても、EV.cloud が証拠メールを保全

退職者の引継ぎ漏れメールの復旧

  • 不正アクセス防止で即時に Microsoft 365 の退職者アカウントは削除。
    一定期間後に削除されるメールも、EV.cloud のアーカイブデータからメールメッセージを参照可能

退職者の問題発覚時のメール調査/証拠保管

  • Microsoft 365 アカウント削除/メール削除後も、過去分を含めたメールを保管。検索/参照/エクスポートが可能